mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 第46回 雑感 爆乳尼将軍、爆誕!

番組内容
新たな鎌倉殿を迎えようと朝廷に伺いを立てる北条義時小栗旬)、大江広元栗原英雄)たち。実衣(宮澤エマ)が野心を燃やし、三浦義村山本耕史)が暗躍する中、京では鎌倉への不信感をさらに高めた後鳥羽上皇尾上松也)が藤原兼子(シルビア・グラブ)、慈円山寺宏一)と共に今後を見据え、鎌倉への圧力を強めていく。一方北条家では、思い悩む泰時(坂口健太郎)をよそに、のえ(菊地凛子)が愛息・政村(新原泰佑)を…

北条義時と違って民百姓に慕われる政子。死ぬ思いだったけど何とか生きて欲しいよな。
行き遅れ連呼するウメさん、やめなよ。
1000もの兵を引き連れたトキューサが上洛して後鳥羽上皇を震え上がらせる。で蹴鞠対決へ。朝敵になりたくなかったら引き分けで手を打て大政所さんに言われて怯んだトキューサとの間には何かいやらしい匂いが。やっぱりホモなんだぜ。
そんな中後鳥羽上皇にお願いしてた親王は何と慈円僧正の身内の二歳児が送り込まれる模様でアホらしいな。でも三寅くんめっちゃかわヨ。
更に藤原秀康が不穏な事を宣言、アホや負ける。
そして政子さんは自らを尼将軍と称して執権へ。実衣さんの処刑を何としても食い止めたかった模様。何とか支え合いましょうと。
オンタラ・・・ボンタラクソワカーで大団円へ。レズっててええな。混ざりたい!

次回、承久の乱。やるんやな!カットだと思ったわ。やるやん。