mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 第37回 雑感 サンタフェの暴走で北条がブラック化必至。


親友の畠山を討伐した事で精神が完全にイカレた義時さんも我慢の限界で時政パッパに引退を突き付ける。
おっぱいが巨大過ぎて肩を凝る政子さんは臨時の執権かな。尼御台という役職だったかな。で梶原殿の頃からの懐刀にして参謀の大江広元さんを側に置いて何でもハイハイと言う事を聴いててかわいいもんよな。
一方後妻のりくが実子政範を屠ったムコ殿を次代執権にと推す、正しくキチガイの所業やな。
でりくさんはあろうことか絶対正義マンの三浦義村つまり平六に謀反の加勢を頼む、おいおい頼む相手を間違えるな。せめて御しやすい和田殿が先だろw
で実朝さんは和田ハウスへ入り浸り。和田殿は話の盛り方も酷いけどまさかの他人の話を吹聴するなんてひどい痴呆や・・・。それ上総介や!
あー合点がいきましたと平六さん。時政とりく夫婦、終わりです。何で謀反を他人に聞かせちゃうのか。よく平賀なんかを執権にしようと目論んだな。
で平六さんはその足で義時の元へ。
で時政の世迷言は大姫の祝いの言葉?呪いでは?
で家族会をやった後実朝さんを北条館に押し込めてしまう時政パッパ、アカンやん。
事と次第によっては義時と政子を殺すかもと、でも実はパッパはあえてりくの策に乗って二人に執権を譲渡しようと思ってると予想する義時さん。そういやもうりくだけいればええ言ってたもんな、パッパ。
で次回、涙の事件簿へ。りく処刑でええやろと思ったけど庇護先で贅沢三昧って言われてるけど酷い結末やで。親父殿だけつれえわ。