mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

OVA処女はお姉さまに恋してる 三つのきら星 The Animation 上巻 雑感 販促アニメとしては良かったんじゃないかな。

監督とキャラデザがストパン界隈の人達だったので絵柄は良かったね。
Hの内容はちょっと微妙だったな。抜くためのエロアニメではなくてストーリーを見るためのエロアニメって感じ。性器をボカせば深夜帯や僧侶枠で見られると思う。
しかしどうしておとボクの3作目がエロアニメ化だったんだろ。先に一般OVAがあってそれは視聴済みで知ってるんだけど一般アニメからアダルトアニメ化というのは下級生2とかグリグリとかプリラバを彷彿とさせるね。(少なくともキャラ原案がのり太氏なのでありえないけど)キャラデザがアゴってた一般の方に寄せたのか、若干尖ってたのは気になったものの、話が進んでいくとあまり気にならんくなったな。
ただストーリーがダイジェスト気味で恐らく上巻は織女ちゃんで下巻は美玲衣ちゃんと個別ルートでやる関係なんだろうけど明らかに尺が足りてなかったね。えっちを無理に挟むシーン、カットを連続させるからいわゆる抜き目的で見るタイプのエロアニメではなくてストーリーを追えればいいかな位で。別の作品だけどストリンジェンド1巻でえっち中に皆シコシコする訳よね、いざフィニッシュか?と思ってたら急に場面が汚いおっさん先生に代わってお預け喰らって萎えた時のような感覚に近いものが味わえる事請け合い。またアクションシーンが中々香ばしくて笑えたな。
しかし瑞穂兄貴ことおとボク1と違って男バレは早いしエルダー選挙も一瞬だったし3作目ともなるとその辺の重要な部分が適当になっちゃうのかな。脚本が雑とは思わないけどダイジェストをやりたいなら冒頭で静止画を一枚一枚挿入してその都度解説していって総選挙の末にエルダーシスターになった!その後主人公の性別や出生の秘密がバレてどうこうってなるなら後はえっちする流れにしたらエロアニメとしては及第点なんだけどこれもまた演出なのかなぁ。こうすればえっちするための尺は確保できるけど本作のやり方でも良いよね。何でって抜き目的で見るエロアニメじゃないから。それに尽きる。