mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

警視庁・捜査一課長season6 第5話 雑感 VR笹川刑事部長好き過ぎる。

20年前に革新的プログラムを開発し、一躍有名になった“伝説のプログラマー”が殺害される事件が起き、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は臨場する。
被害者は、次なるヒットを生み出せず、最近では“一発屋”と呼ばれていた。
現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、現場に残されていた“二番煎じ”のお茶が気にかかり…。
“マンネリ”も“オワコン”も「そんなの関係ない」!?過去から現在へ-時を超えた真実に迫る!

小島よしおは以前刑事ドラマ出まくってたから演技自然だわ。
大福のおっぱっぴーアレ何なん?
大平さんちょくちょくよしおムーブしてるな。ウキウキしてるわ。
幸田さんの大平ストーカーぶりがヤバいな。せっかくかわいいのに残念だろ。
何故か相棒リスペクトでVRに飛び込む大岩純一たち。何やってだ。刑事部長もだよw
ビビ、あずきと一緒なんだな。かわゆす。
犯人は秋谷和香だった。やっぱりあのメガネか。オフ会に戻る最中に上着を脱ぎ棄ててたのまで防犯カメラにしっかり映ってたのね。大平さんの血痕が残ってたのね。
どうやら大平さんが会社辞めるのでその持ってるデータをくれと直談判したらしい。
大平さんに二番煎じになるな的な事を言われて殺害。それにしても酷い殺し方だしおっぱっぴーにするためにOPP!連呼はアカンわ。笑わせに来てる。
幸田さんの未来を形作ったのは大平さんだった。ええ人やったな。

おまけ

確かに・・・!!