mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

スーパーマン&ロイス 第6話 雑感 今日のはまあまあ面白かったな。

ジョーダンは国防総省から逃げ出した同級生タグに襲われる。スーパーマンが助けに来るがタグを見失う。父から引き継いだパワーのおかげでフットボール部で活躍しているジョーダン。以前、住んでいたメトロポリスの高校との試合が決まり、自分をいじめていた連中を見返してやろうと思っていた。そして奇妙な頭痛に悩まされていることは父にも秘密にしていた。ロイスは記者を装う謎の男と一緒にエッジの炭鉱に潜入する。

https://www.nhk.jp/static/assets/images/tvseries/ts/J9VXR22WY8/J9VXR22WY8-hero_7d98384fb7d6b6b5ec2670d548d61e71.jpg
タグって国防総省に連れてかれて某か実験動物になってたのかな。
ラナの旦那、モーガンエッジに協力するつったのに奥さんの方で言われて苦笑いで草。
ジョーダン、サラに応援すると言われて嬉しそうだったのにタグにやられてからなのかパニック発作を起こして倒れる。ジョナサンが理性的なのってやっぱりママの遺伝だろうな。
モーガンエッジについてロイスが持ってきた情報に対してエッジが喰わせてくれてるから協力出来ないと断るカイル。そりゃそうだよな。ラナもまたスモールビルの住民を助けたいと断るわな。
ジョナサンのコーチングを受けたジョーダンが中々強くなる。翌日の試合では謎のモスキート音で動きが取れないままクオーターバックの選手が倒されてしまった。
不在のクオーターバックに代わりジョナサンが合流、そこへ元カノと付き合ってる宣言するカスがやってきた。
一方ロイスの元にルーサーがやってきた。炭鉱に潜りたいけど一人だと寂しいからとロイスに要請。こいつ見た感じ気のいい兄さんって感じで好きなんだけどな。
タグはサラの家へ。暴走した挙句サラをボコってしまう。これで我に返ってくれたらな。
クロウズがメトロポリスの昔のチームに勝利。ジョーダンの目からビームを受け取るクラーク、ここだけしっかり父親してるな。
ジョーダン自分知ってたか、頭痛持ちのキモイガキって自覚があって何よりです。タグに襲われた事クラークに言ってないんだっけ。サラが攫われた事は言わないんだな、それこそ混乱するか。
ルーサーは世界企業ルーサー・コープを辞めてジャーナリストとして炭鉱に潜り込み、Xクリプトナイトを回収しに来たようだけど誰が襲ってるんだ?レスリー・ラーという女性だった。それにレーザー銃みたいな武器を構えたルーサー。
国防総省からタグを救い出したクラーク。クリプトナイトの弾を使用して無理矢理拘束しようとしたから余計にまずったな。レイン将軍への不信感は分かるけど。
バッジと武装からルーサーも何らかの事をやってたか。ロイスはとりあえずルーサーと別れてジョナサンの元へ。やっぱり大怪我したか。ジョーダンを止めようとした結果ジョーダンが冗談じゃなくしたのがな。下手したら殺してたもんな。パワーを制御しないといけない場面で兄貴を殺しかけたのがな。
兄貴ぐう聖過ぎるな。この期に及んでジョーダンの罪を明かして反省促してるもんな。
でバレ情報だけどルーサーって別の世界線ではロイスの旦那らしい。だから割と息がぴったりというかスーパーマンの事は恨んでるけどロイスや恐らく双子に対しても味方なのかもしれんな。恐らくモーガンエッジは共通の敵の一人なのかもしれないな。
ラナがロイスに協力してくれたみたい。
ジョーダンが覚醒?でまたまたぶっ倒れた。ジョナサンの選手生命を失わせただけじゃなくて兄弟を殺しかけた自分のスーパーパワーに恐れを抱くようになった事でタガが外れたのかもなあ。