mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

そこまで言って委員会NP 2022年4月24日放送 雑感 最後の原田眞人監督の映画論評で最新映画で原作レイプや俳優らにパワハラしてるって事を委員会メンバー(野村明大ら)が嬉々として称賛してたのが気持ち悪かったわ。セクハラ問題扱ってこれかと。

不朽の名作から最新の話題作まで、様々な映画の視点から現代日本の現実について徹底分析!
また昨今の映画界を取り巻く現状についてもお馴染みのパネリストたちが徹底討論!

【司会】黒木千晶 野村明大
【パネリスト】田嶋陽子 宮家邦彦 村田晃嗣 門田隆将 原田眞人 竹田恒泰 眞鍋かをり 丸田佳奈

ロシアへの経済制裁の論で田嶋さんだけ意味あるのか?とロシアの強大さを語ってて周りから袋叩きにあってたけど、こういうのを同調圧力って言って言論弾圧でもあるんだよね。日本帝国時代の反省を生かしてって体で田嶋さんの経済制裁否定論にエゴを押し付け過ぎてたのは問題だし別の視点から見ると高齢女性への思いやりが一切なくてイジメてる、あるいは集団リンチの様相で凄く可哀想で怖かった。あの年代の論客が委員会に来ない理由が窺い知れる回だったな。
映画界におけるセクハラ問題で木下ほうかとか園子温とか橘某とか名前挙がってたけど水原希子の告発記事に対して眞鍋かをりが昔受けた性被害を告白する所は理解出来たけどその後誰が言ったのか、周りの強要してた人たちを擁護してたのが気になったな。断れば良い訳よね。そもそも島田紳助マリエ枕強要問題の事例でいえば出川さんなんてマセキ芸能社だから上下関係ない訳やんか。でも脅されてやってたから被害者なんだ、これは通らないよ。それってイジメを止めなかった連中と同じでしょ。あるいはあわよくば加勢した腰巾着、コバンザメの存在やんか。殺人犯の協力者が実際に人を殺してなかったとしても計画立案者として共同正犯で逮捕される事例があるけどこれと構図は同じなのよね。だから田嶋陽子に対する、今回のパネリストや司会者らからの集団リンチも共同正犯が成立するのよね。止めなかったから加担したと見なされてな。
で最後は原田監督を持ち上げるための映画論評の話になってたから原作者サイドに了承を得て原作改変してるけど根幹部分は改変してないんだとか言ってたけどいやそうじゃないだろ。問題は原作者へのパワハラだしファンを蔑ろにしてるでしょ。これは監督やプロデューサーと立場のある人がその地位から無理難題を押し付ける、今流行りのMeToo運動に繋がるパワハラ・セクハラ問題のそれと同じ構図だからそこまで言って委員会という番組をこれを否定しつつ肯定してるという歪な内容になっててちょっとヤバかったわ。
これでもなおBPO動かないんだろうな。自民党日本維新の会をヨイショしてる優良番組だからBPOは動かない、というか動いた事がないもんね。何か裏で金銭面での優遇があるんやろなぁ。