mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 第14回 雑感 法皇さま、乱心する。

f:id:mouseion:20220410204747j:plainf:id:mouseion:20220410204757j:plainf:id:mouseion:20220410204802j:plainf:id:mouseion:20220410204808j:plainf:id:mouseion:20220410204814j:plainf:id:mouseion:20220410204818j:plainf:id:mouseion:20220410204824j:plainf:id:mouseion:20220410204827j:plainf:id:mouseion:20220410204832j:plainf:id:mouseion:20220410204839j:plainf:id:mouseion:20220410204845j:plainf:id:mouseion:20220410204849j:plainf:id:mouseion:20220410204857j:plainf:id:mouseion:20220410204901j:plain

脳筋義仲さんが上洛を果たして法皇を助けるもその後部下共々乱暴狼藉を働いて信用を失ってある時逆賊扱いを受けてあべこべに上洛し官職を頂いた頼朝と争う事になる。
義仲の長子義高くんが大姫と婚約する仲でこれを殺さなければならない事になりそうで何とか止めたい、また頼朝の御家人たちも猛反対で動ける兵が極僅か。そこで頼朝が選んだ総大将は何と義経さんだった。最後は身内よと。
で文覚さんも加わった御家人たちが頼朝に文句言いまくりでこれに広常も加わったらいよいよ勝ち目ないと梶原殿。ただ御家人は北条は外してやれと。
そんな中、義時さんは友達の広常さんに御家人の味方になるよう打診。面白い事になるのかな。上総介殿退場フラグかな。謀反人を炙り出して一族諸共掃討するために汚名を被って貰おうって魂胆かしら。