mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬「後編」 2022年3月20日放送 雑感 どうやら原作と乖離する内容だったらしい。だから終始意味不明だったんだな。

ミステリーの女王、アガサ・クリスティー原作の話題作。呪いか殺人か?リストの人物が次々と亡くなり、自分にも死が近づいているという恐怖のなかでマークは真相を探る。

f:id:mouseion:20220321000601j:plain
OPから不協和音でひたすら気持ち悪いのがな。
でやっぱり殺害計画はあった。呪いなんてないんだろうな。
疑心暗鬼に陥らせてるだけやろ。
マークという男、再婚相手にさえ疑惑の目を向けるし寝酒煽って髪の毛むしって何だコイツ。
夢遊病か薬物中毒ってのは確定なんかな。で呪いどうたら言ったクソメガネも相変わらず怪しい。
でルジューン警部はマークが前妻を殺害したのでは?と疑いを強める。どうやら奥さんが風呂で亡くなった夜、足音を聞いたという証言があり、その日は彼女一人だったというマークの証言と矛盾すると捜査した巡査の報告書を読んでもしかしたらと思ったのかな。
前妻が依頼したとされる呪術師の三人を問い詰めるマークだが、どうも逆にあの刑事を呪い殺せと依頼してた。
真相は奥さんのデルフィーヌさんがオスカーという呪術師?と何らかのやり取りを行っていた、たまたまマークが不倫してたのもあって後ろめたい気持ちもあったのにも関わらず奥さんを問い詰めて一方的に殺害したというものだったみたいね。そしてアリバイ工作でデルフィーヌの引っ越しの手伝いをしてくれるという約束の女性に会って彼女と共にデルフィーヌさんの遺体のある部屋に行ったと。その事実を隠蔽するために関係者を口封じのために次々に殺害していった、という事かな。
そりゃ悪夢にうなされるわな。自分が目の前で殺した的な奴だ。で今の美しい奥さんとルジューン警部は何者かに殺害されてた、と。どうなんだろうな、マークに金で依頼されて殺害したのかな。こちらの奥さんは薬物の過剰摂取だから自殺だったのかな。
でオズボーンの部屋へ。で次々に出てくるリストの人達に関する証拠品たち。
トマシーナの遺体だけ見つかってないのにアーディングリーとマークとオズボーンだけと言い切ったクソメガネ。殺鼠剤ないしタリウムを使ったと。魔女の仕業に見せかけて殺害計画を実行していた。その計画に、前妻を殺害してビビってたマークが選ばれた訳か。だからそれ以外は全部マークが自分でやったと思い込んでしまったと、そう思うように劇物を仕込まれてたみたいね。最初の殺人だけかな。
協力者のジェシーって誰かと思ったが。彼女は蒼ざめた馬という呪術使いの3人を通して殺人計画を偽装してたんだな。ジェシーは彼女たちに詰問されて初めて自分がオズボーンに操られてた事に気付いて問い詰めた。結果殺されたんだな。
真相を知っている蒼ざめた馬の三人を火炎瓶で殺害しようとしてたマークは小心者だったためルジューン警部に問い詰められた時に観念して計画を中止した。
でも最終的にオズボーンに煽られて逆上し彼を殺害して証拠隠滅のために部屋を燃やした感じかな。
イースターブルックの悲劇とされる新聞を読んだマークは再び夢遊病に苦しんだって所なんかな。これ結局何も解決してなくね?今の奥さんと蒼ざめた馬の三人は真相を知ってるぽいから警察に駆け込んで終わりなんかなと思ったけど何もなかった。何だこれ。主題歌が不協和音で気持ち悪いだけだったな。
あるいは、あの呪術師たちがマークを呪い殺したって事なんかな。それで遺影じみた新聞があって当のマークは自身の死に気付かないまま浮遊霊となって成仏出来ずに彷徨いつつ前妻殺した悪夢にうなされ続けてる、といったオチかもしれんな。うーん。