mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

アガサ・クリスティー 蒼ざめた馬「前編」 2022年3月13日放送 雑感 分かりにくいけど犯人は夢遊病か薬物中毒か多重人格者じゃないかな。

1961年のイギリス、ロンドン。古美術商のマークには再婚した美しい妻がいたが、1年前に事故で亡くなった前妻デルフィーヌのことを忘れられずにいた。ある日、不倫相手と一晩を過ごすが、翌朝、その女が死んでいた。あわてたマークはその場にいた痕跡を消して立ち去る。同じころ街角で病死らしき女性の遺体が発見され、靴の中から何人もの名前が書かれたリストが見つかる。そこには亡くなった不倫相手やマークの名前もあった。

【出演】ルーファス・シーウェル…根本康彦,カヤ・スコデラーリオ…庄司宇芽香,ショーン・パートウィー…中博史,バーティ・カーヴェル…多田野曜平,ヘンリー・ロイド・ヒューズ…五十嵐明ほか

【脚本】サラ・フェルプス

【演出】レオノラ・ロンズデール

~イギリス マンモス・スクリーン/アガサ・クリスティー・リミテッド制作~

f:id:mouseion:20220314000257j:plain
おどろおどろしい恐怖演出ばかりでミステリーなのかオカルトなのか分かりにくい。
ジェシーデイビスの死とマークの謎の賞状。夢遊病か薬物中毒かを匂わせる演出が憎い。
警察の取り調べで彼女の関係者にデイビッド・アーディングリーというマークの家族ぐるみで付き合う男性がリスト入りしていた。
マッチ・ディーピングには魔女がいるらしいとオズボーンさん。うーんあたおか。
ジェシー、トマシーナが死に次いでデイビッドも遺体で発見される。
警察には疑り深い目で見られてたけどついに魔女信仰のオズボーン氏の元へ。ジェシーたちの髪が抜けてたという。降霊術の儀式に参加してたって何かもうオカルトだな。
オスカーという男が怪しいみたいだけど話振りからしてあたおかなのはマークっぽいのがな。
オスカーが送った女性デルフィーヌはマークの妻だったと。
マークは勝手に納得して勝手に色んな所に向かってるけど、そういや最初に猫轢いたって話で証拠隠滅してたのかな。つまり犯人はマークだった、そんな気がしてくる。