mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season21 第12話 雑感 スーツの種類によっては大岩純一にも樋口顕にもなれるよな。

百貨店の一室で、マネキンのそばで座ってポーズを取った状態の女性の遺体が見つかる。側頭部には殴打痕があり、固く握られていた右手には繊維片が付着していた。マリコ沢口靖子)らが分析を進めると、商品企画部の主任だった被害者が商品化していた、目玉商品の“女優コート”が1着消えていることが判明する。

https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken21/story/0012/img/01.jpg

稲葉玲子が三番目の女優コートを盗んだ犯人だった。投資に失敗して借金があった。
被害者の三宅由莉さんはどうやら管理センターにいて既に倒れてて生きてた事が明らかになる。
科捜研にグチャグチャにされたらしい、島田茜がその内の一着をレンタルしてたみたいで。
ミサヤマモトのブランドをヨイショしまくる風丘先生、どういう事かな。で結果先生が手直ししてくれる事になったがミシンの糸調子というのが一着だけ違う模様で。
同僚の高田さん曰く三宅さんが外してたものか。
そこで風丘先生がコピー品を疑う。なるほどネットで流通するはずがないのにネット販売で購入した客がいたみたいで。
で犯人は菊池江梨花だった。三宅由莉さんの殺害時に衣服に付着してたDNAが彼女のものと一致。どうも女優コートのコピー品を作って販売していた。サブスクで借りまくってそれを作ってた事を三宅さんに縫い直してた事を突き止められ標榜行為で、しかし三宅さんは内々で収めようとしていたようで菊池にハンガーで思い切り殴られた時もしばらく生きてたようだけど最終的に管理センターで力尽きたみたい。
島田茜さんはサブスクを通じて初カレと付き合えてそれを見たミサヤマモトさんもやって良かったとデザイナー冥利に尽きるみたいね。今回は殺人以外は綺麗な話だったな。