mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

奇跡体験!アンビリバボー 2022年1月27日放送 雑感 三島署の担当警官クビやろ。あとJA共済には加入してはいけないって事だな。

帰宅途中、事故に巻き込まれて帰らぬ人となった父。あの日、本当は何が起きたのか?真実を求めて家族が立ち上がる。そこに待ち受けていた衝撃の展開とは?

2019年、静岡県三島市の交差点で原付バイクが乗用車と激突、会社員の仲澤勝美さんが亡くなった。
乗用車を運転していた女性の話を聞いた警察官によると、大通りを走行中、
乗用車は交差点の信号が青だったため直進したのだが、反対車線から勝美さんが運転するバイクが右折。
避けきれずに衝突したのだという。しかし、遺族はこの話が信じられなかった。なぜなら、勝美さんは通勤・帰宅の際、この大通りを使っておらず、
大通りを交差する道を直進するルートを使っていたからだ。さらに、勝美さんは非常に慎重な性格で、無理な運転をするような人物ではなかったのだ。
だが、女性の乗用車にはドライブレコーダーがなく、現場の状況を確認できるものは存在しなかった。
それでも、ちゃんと捜査が行われれば、真実が判明するはず、遺族はそう思っていた。しかしその期待は大きく裏切られる。翌日「勝美さんが右折していた」と新聞各紙が報じたのだ。
このままでは大切な家族が悪者にされてしまう。そう思った遺族は、自らの手で、真実を明らかにすることを決めたのだ。果たしてあの日、本当は何が起きたのか?そこには驚きの展開が待ち受けていた!

三島署がクソな案件だけど静岡県警の交通課のトップの人が謝りに来たのが意外だし全面的に認めた事で遺族の心をある程度は解消されたんかな。
しかし所轄の決め付けと初動捜査ミス。実際にはSNS上で死ね等の誹謗中傷が多かったらしくてしかも知人友人がデマを信じて発信してた事もあったとかで被害者男性の名誉はまあ回復されたかどうかは不明だけどその遺族の心を氷解させたかどうかについては今もなお自動車運転過失致死等で報われない人たちの支援をしているという事なので頑張って前向いてやってるなと。
最初の警察と検察と裁判所がクソ過ぎるのは確かだけどまあ裁判所は過去の事例を鑑みてってのがあるし検察も警察の調書や前例を加味して禁固3年の執行猶予5年だからなぁ。執行猶予ってのは一応前科は残るからね。当該事故加害者の人はウンコもりもり出してるとかきっしょいツイート今もしてるそうだけど一応罪を償ってるから許す必要はないけど当人は罪償ったし法的にも償った扱いだからどうしようもないね。
しかしスマホながら運転やろなぁ。それ以外でよそ見してた理由って後は飲酒か何らかの発作位だもんな。ただ飲酒だったら警察事情聴取でバレるはずだし発作だったら証言できる訳がないよな。
三島署がクソだった事だね、これが一番の原因やな。担当者クビやろ。