mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

開運!なんでも鑑定団 2022年1月25日放送 雑感 本物だったら中国共産党ないし習近平が乗り出してくる案件だったから偽物で良かった。

■中国2200年前…秦の始皇帝の<兵馬俑>!?幻の3体に衝撃鑑定額
■驚異の技術…美麗<貝秘宝>に超絶値
■出張鑑定は山形・上山市…<織田信長>&<西郷隆盛>の宝

https://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20220125/images/studio_03.jpg

ゲストは川合俊一さん。何回出てくるねん。
お腹を下しながら牛乳を飲み続けたってあるから乳糖不耐性やったんやな。
ガレのランプ。150万円だった。持ってるな社長。ガレの双璧ドームのランプというものだった。
次。螺鈿(らでん)漆。暮らしに困っても手放すな、か。本人100万だが、800万円だった。トンボが一番高い300万円。恐るべき技術ってすげえな。片岡華江は天皇家にも献じるようなとんでもない人物。それが売りに出されてたという。
出張。山形県上山市。鶴脛(つるはぎ)の湯が有名みたいね。果物が特産品みたいね。いやーすごい映えだわ。
安河内先生か今回ええな。あとは増田先生と森先生。伴内MC。
最初は信長の書。保存状態が良くなくて本人50万円だが、3000円でした。偽物かやっぱ。菅原道真の詩が信長の死後200年後に発見されたので信長が知るはずもないというw
次。谷文晁の掛軸。落款で本物と思ったか。ボケるの早いな。で70万円だった、あれ本物か。カセ坊かわいい。
次。西郷隆盛の書画(ちょっと読めない)。お兄さんの形見?100万円だった。自筆の書か。中国の詩人羅臼の詩を書いたものらしい。
次。30年で2000万円も使った焼き物大好きおじさん。番組の流れに懐疑的で今度は失敗の方じゃないかと戦々恐々とか。で150万円。江戸時代の初期伊万里か。
次。果樹園の3代目。松野奏風の掛け軸。母の姉が24年前に鑑定団に出品して300万円の値が付いたそうでお母さんに母姉へのリベンジで出品しかし娘が出場させられると。結果は5万円。本物だった。ただ需要が悪い模様。だから価値も低かったみたい。
次。熊退治おじいちゃん。九谷焼の壺。良さげやけどな。6千円で購入!?1万円だった。九谷焼ですらないのか。調度品みたい。

最後。始皇帝の例の墳墓から見つかったアレ。兵馬俑。前もあったな。
1億本人だが、60万円だった。3体とも近現代中国で作られた模造品か。本物なら一体10億の30億だったか。