mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

開運!なんでも鑑定団 2022年1月11日放送 雑感 桜むつ子さんと永井荷風の逸話が面白かった。

■驚異!親子3代100年かけた…<神ワザ彫刻>に衝撃鑑定額
■文学巨匠<永井荷風>が…恋して贈った秘宝!?驚き値
■第2回<世界の焼物>大会…激レアお宝一挙鑑定

https://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20220111/images/studio_02.jpg

ゲストはお笑いコンビトム・ブラウンさん。吉本興業か、まあええけど。
お宝は1964年東京五輪記念硬貨。おじいちゃんの形見かい。
記念コイン3000円か。発行数が多いせいみたい。
次の依頼人は大女優桜むつ子所縁の方。永井荷風の色紙2点。チェリさんこと桜むつ子さんの大ファンだったらしい永井荷風が直々に贈ったものらしい。70代が当時20代を愛人にと囲おうとしたけど断ったみたいね。80万円!!俳句の色紙が多い中では極めて貴重らしい。特に漱石や芥川はよくあるらしいけど荷風は少ないらしい。
世界の焼き物鑑定大会。MC原口あきまさ。ゲストは榊原郁恵さん。阿藤さんと中島さんが出張。
最初の方。旅行好きでスイスが特に良かったそう。スコータイ王朝の鉄絵の茶碗。3万で購入したそう。茶会教授をされてたようで外国の茶碗を楽しもうとやってるそう。25万円だった。ただ実は真っ二つに割れたのを綺麗に修復したもので割れてなかったら50万と。
次。走るものが好きみちあ。KPMの陶板画。売り手の父親が800万円で購入したのを40万円で購入予約しかし実際には30万円で購入できたそう。80万円なのか。しかも本物と。でも依頼人何で残念そうやねん。そもそも娘の部屋に飾ろうとして拒否られたんでしょ。がめついなあ。
次。骨董が好き過ぎて家族に相談なく骨董市状態みたいで。仏壇置く予定の和室にもってさあ。依頼品は唐子人形5点。50万円!!でも奥さんは売って家族旅行に行きたいらしい。中島先生曰く大珍品みたいよ。中島先生があまりに激賞するから奥さんもついに折れて草。
次。海外旅行をして写真撮影するのが趣味の方。しかし奥さんの写真が中心なので背景は特にないと。ロイヤルコペンハーゲンのイヤンプレート、ドイツのもので37点。めっちゃ立派やな。一枚3万円で購入と、一応全種あるようで。本人評価150万円のところ、400万円!!その内1908年のものが250万円だった。マドンナとこどもというお皿。
次。同郷の成功者であった義理の父から貰った古備前の壺。代々継承したいみたいね。300万円!!良い壺でしたか。四つ耳の葉茶壺というもの。中島先生が珍しく目きらきらさせてましたよ。3本の指に入るって相当な名品やね。

次の依頼人象牙多層球。100万いくかな。250万円だった。あれ今回全部本物か。ワシントン条約で国内でしか流通できなくて値段が急落したようで。一般人が依頼したものだから十匹の龍で皇帝愛用は9匹と区別するみたい。売りたがってたけど今売るのは得策じゃないって事だろうね。何せ10分の1に価値が下がってるけど実際それ位はあるって事だし。