mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する 第8話 雑感 嘘も方便という。

f:id:mouseion:20211124234539j:plainf:id:mouseion:20211124234542j:plainf:id:mouseion:20211124234544j:plainf:id:mouseion:20211124234547j:plainf:id:mouseion:20211124234550j:plain
https://i.imgur.com/yfaC64l.jpg
https://i.imgur.com/2FNtTOK.jpg


孤児たち美少女戦隊だな。特に顔自傷してた子ホンマかわいいな。しかもほぼ全員巨乳だもんな。マーハちゃんの孤児仲間ホントええな。
そのマーハちゃんとお別れしてルーグに戻った暗殺貴族さま。タルトちゃんはマーハちゃんとの別離を悲しんでたけど乳液の材料であるレシチンの輸送の関係でまた会えるにようになると優しいなあ御主人様。
バロール商会の会頭から激賞されていたイルグいやルーグさん。貴族のパパもルーグさんを心配していた。この場面ってアサクリに似てるよな。本当は息子に暗殺稼業をやって欲しくなかったというの。息子想いの所とかよく似てる。
ディアと結婚したから貴族を続けるって絶対嘘やん。元々勇者を殺す事、ゆかりん神から言われたけど、本人の目標として掲げてるもんな。だから意志を示すためにもパパにも嘘を吐くと、ええぞ。