mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

開運!なんでも鑑定団 2021年10月19日放送 雑感 本物なら50億円の壺。曜変天目茶碗より凄いな、流石中国。

■本物?ニセ物?…江戸時代<与謝蕪村>の掛け軸に衝撃鑑定額
■エッ3枚サービス!?…幻の1893年金・銀貨13枚セット>に驚き値
■<外国人のお宝>鑑定大会!

https://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20211019/images/shuccho_06.jpg

福澤朗さん58歳おめでとう。
ゲストは元セレッソ、ガンバの加地亮さん。社長の播戸さんを連れて参上。奥さんとカフェやってるんだとか。皿洗いのくだり好き。社長さんは以前徳利持ってきて5000円だったが、加地さんは奥さんの実家のお宝の印籠と。12万じゃなくて120万円w50万円は本人評価。120万円か社長ピタリやん。稲川仲春のものが90万円で大名品らしい。博物館とかにあってもおかしくないレベルらしい。もう一つはセイウチの牙で作られたものでありふれてるらしい。世界的に見ても稀な90万の方に比べればとかなんとか。
次の依頼品。ビクトリアコイン。一応本物だけど貴重なブルーフ品でなく2万セット位発行されている通例品でそれでも140万円。ブルーフ品は状態の良いものが先日オークションで1500万円だったと。これから価値が上がるだろうと聞いてもうちょっと寝かせてと依頼者さん。欲深いんかな、いうほど。
外国人のお宝鑑定大会。ゲストはモーリー・ロバートソンさん。広島育ちなんやね。
本橋勤の茶碗。2万予想に対して7万円。本人は知る人ぞ知る人物でも中島先生はべた褒め。
続いてはクロアチアの方。何か本国で日本映画祭を開催したいらしい。忍者が好きみたい。素晴らしい親日の方やね。
ディズニーの玩具人形。友人がディズニーの制作工場が閉鎖された時に一緒に買い取ったものみたい。
一体1万円で20万円評価だけど、ピタリ賞。
今度は中国の方。龍文壺。100万円で購入したようだけど後にメトロポリタン美術館にそっくりなものが展示されていたそうで。いやーこれは偽物じゃないか?
本人予想500万円だが、1万円。本物だったら50億円ww皇帝が持つようなものらしい。調度品としては良いんじゃないかって。
カナダのプロの演奏家。ギター弾きの方。ええ曲や。1770年のバイオリン。本人予想150万に対して300万円!!
最後は中国人女性。ロンバケから日本名をみなみと名乗ってるそう。骨董大好きな弟さんが骨董市で3万円で手に入れた鉢。弟さんは大の鑑定団ファンだったけど去年中国に帰国したので代わりにという。30万予想のところ5万円だった。清王朝時代の景徳鎮の食器みたい。乾隆年製のものでは間違いないけど文革のマークが残ってるって歴史的には面白い品やね。中島先生もモーリーさんもフォローしてくれてて思い出の品になるやろね。
最後は城郭巡りを趣味にされてる方。これまで98城も廻ったそうな。あと2城回ってないそうだけどはっきり言うわ。おつかれ。これ好きじゃないと無理だろうなぁ。
城跡から3000ものお城があるんだって、いやよう知っとる。
依頼品は与謝蕪村の掛け軸。今田は開口一番偽物ですよね!は草。いや偽物多いから当然の反応だけどね、失礼やw
500万(依頼人)、700万(今田)、3000円(片渕茜)wwww
2万円だった。茜ちゃんすげえな。安河内さん曰くやっぱり偽物でした。色使いが悪いと。今田がめっちゃ褒めたところ散々貶されてて草。本物なら500~1000万円と。