mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」 第1話 雑感 待たせたな!ガハハ。

あらすじ
都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。
事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田顕)は捜査から外された。
かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。
そこで捜査本部には内密に、天才科学者と云われる神保仁(田中圭)に捜査の協力を要請する。
事件の解決に全く興味を示さない神保。何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。
しかし、徐々に息が合い始める二人。
そして二人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見出す。
そんな中、「殺人鬼X」による更なる殺人が起きてしまう…。
【金曜8時のドラマ】らせんの迷宮~DNA科学捜査~

https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/story/images/01_01.jpg

DNAは嘘を吐かない、科学捜査という奴。
神保さんが突き止めた連続殺人犯Xに対して4件目の女子大生殺しは楠田という別の女性によるものだったの明らかになり安堂刑事に自首する事を言い残した後謎の変死体で発見された。
そして何故か誤認逮捕されてしまう神保さん。手に巻き付くように髪の毛が混入されてたら誰でも神保さんの犯行と思うかもだけど安堂刑事と直前まで通話してた事で履歴から一致して一点釈放になったみたい。
犯人は弓塚明紀だった。被害者の一人タクシー運転手は実の父親だった。Xでなくバツ印だった。更に次亜塩素酸ナトリウムを使ったトリックで証拠隠滅していた。
安堂刑事の奥さんを殺したのは彼が遺族の気持ちになろうとした事や弓塚に対して世話を焼いていた事でこいつも遺族にしてやるかという軽い気持ちで殺害。とんでもねえな。顔見知りの犯行だったので安易にドアを開けて親しげにしてたらぶっ殺されたと。安堂刑事の号泣を見て愉快に感じたと。女子大生の事件で捜査が攪乱されたのを見て海外に逃げ帰って来たら神保さんが名探偵としてマスコミに注目されてたので挑戦してやろうと。更に女装しての犯行だったのは女子大生の事件のDNAから犯人が女だという話になってたのでという。中々サイコパスだけど何かな、平岡祐太って演技下手やなぁ。
で安堂さんは神保さんの説得で何とか冷静を保って嫁の仇弓塚を緊急逮捕。課長からも激賞される。課長は激高しやすかったのと遺族だったから配慮してたんだよな。
で神保さんはキノコのDNAマップを調査してたという。
亜希さんの仇をついに討った安堂さん、かわいい愛娘がいたからこそ思い止まれたんだよね。瑞希ちゃんは神保さんに懐いたと。行きつけのママさんのパブへ。

それにしても原作は漫画なんだな。しかも作画はガンバフライハイの菊田洋之なんだな。ちょっと読んでみようかな。
まあドラマ全話見てからだな。ネタバレ見たくないし。