mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

アンという名の少女2 第5話 雑感 アン、断髪する。

アンたち女の子は恋愛に興味津々。容姿に自信のないアンは、髪をリボンで結んだりして、美しく見えるようにあれこれと工夫する。コンプレックスの赤毛はどうにもならないと思っていたが、ある日、行商人と仲良くなり、あるものを手に入れる。学校で男子から少し浮いた存在のコールは、先生にも目をつけられ何かと怒られていた。ギルバートは船の仕事で出会い、意気投合した友人セバスチャンを連れてアヴォンリーの村に戻ってくる。

https://www.nhk.or.jp/pr-image/dc76c53c5c46859d0cfa7abbda6693ea_ll.jpg

マリラも嬉しくなるほどアンたちのロマンティックな会話劇。そんなに?
相変わらず綺麗な所からOPが始まる。
黒人青年セバスチャンをアヴォンリーに連れて行こうとしてるのかな、ギルバート。
プリシーとロリコン教師、なるほど大人の遊びだな。唇は止めとけよ。ダイアナが大人の階段昇ったけどアンは助かったな。孤児だったから却って。
ジョーシーやビリーがクズいわ。ダイアナは美人で気立てが良い、でも友達想いだろう。逃げ出したアンに付き添ったものね。嫌な顔せずに。
でマリラやマシューのキスの味を聞く残酷な娘であった、アンは悪魔の子かよ。
髪型を変えたがったり相変わらずやべえよな。ダイアナは微妙そうな顔してたけどコール君は更におめかしさせようとする。それにダイアナが手伝う。
その様子をロリコン教師が見咎めてコール君を不当に扱う。ちょっとこれダメでしょ。アンが反論しないのはちょっと新鮮だけどまあ協調性が出来たんかな。
ジョン・ブライスのことを思い出せとマシュー。マリラってギルバートのお父さんとかつて恋仲だったものね。キス位してたでしょ、熱烈なね。
そんなマリラに不美人で良かったねと褒められるアン。学校ではジョーシーやビリーにはイジメられるしひっで。
キスしろ変人!というひでえコールの中で孤児院時代のイジメを思い出しつつも何とかほっぺにキスする事で事なきを得た。ダイアナからもえくぼを褒められてようやく笑顔に戻ったアン。めんどくせえな。
イタリアの行商人さん、まだ出会えたか。この人悪い人じゃなさそうだね。で例の、原作でもあった、髪染めをくれた。で髪を染めちゃう辺りアレだ。
で赤い美しい髪が何と緑髪へwwwwwww
黒髪の素だったのに実際は緑になっちゃうという。
でマリラに相談の結果長い髪をばっさり。EDも辛いな。
予告見たら綺麗にショートカット、ボブになってて綺麗やんか却って。