mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ヘチ 王座への道 第24話(終) 雑感 ヘチが来る。

ヘチ 王座への道 【最終回】
王、英祖(ヨンジョ)ことイ・グムは、役人の違法行為を監督する官庁である司憲府(サホンブ)の大改革を宣言。そして、不正と腐敗の原因は、司憲府をはじめとする重要な三官庁の人事権を1人の要職者が握っていたことにあるとし、その人事権を廃すると王命を下す。そんなとき、イ・タンが王宮に入り込んで騒ぎを起こしているという知らせが入る。イ・グムが駆けつけると、そこには「自分こそが王だ」と叫ぶイ・タンの姿が…。

f:id:mouseion:20210830004324j:plain

そりゃ腐敗し切ってるから仕方ないが反発デカくなるのは当然よな。
ミルミル自ら出頭して英祖はわざわざ私見を頂戴しに参じた。偉いもんや。
ミルミルは手順さえ間違えなければ王座に就いてたが間違えたから断頭台へと送り込まれる事になった。
と思ったら自分はヨニングンにだけは殺されないと怒って突撃、しかしそれは見せかけで目の前で自決を果たす。最後まで王族いや王であろうとした心意気いいぞ。
しかしイ・インジャどころかウィ・ビョンジュもまだ死んでなかったとは。
で処刑の日。いつまでも責任転嫁するウィ・ビョンジュと堂々としたイ・インジャは対照的だわ。そもそもこいつらが反逆するきっかけになった南人派への弾圧を英祖が阻止したから大義名分がないんだよな。走馬灯のように、かつて殺害したハン監察、ウィ・ビョンジュに忠告したばかりにな。
首チョンパシーンは流石にカットだよな、いやまあないんだけど。
一方タルムンはユニョン、ポクタンを水葬。最期まで未練たらたらだったな。ユニョンがミルミルを見つけさえしなければ今も安穏とした生活送れたかもしれんかったな。
いつか後悔する日が来るだろうと誰もが予言してたけど、皆それを恐れつつ生きなければならない。英祖は王として正しい道を進めるか難しいよな、先にイ・サンを見てたら米櫃事件って冤罪だったんだけど英祖はかつて自分がそうであった事を息子にやってしまって、後に後悔するんだよな。因果応報というかなんというか。

司憲府の問題でミン・ジノンは悠々自適だった。老論派が彼を追放したのに今頃ミン様に縋って笑うわな。
チュ・ヨンハン監察、やっぱり署名してなかった。こいつやっぱクズやな。最期までクズ。という訳で全員で署名しまーす。やったぜ。

で英祖は老論派に少論派に南人派まで高官全員に朝昼晩の講義を行うと称して改革案を連日やってるみたい。そこへパク・ムンスら官僚からの署名連名が次々に届く。
更に王は市井の声を聞こうと頑張る。これは他の話でもやってたね。
英祖が市井にて民と両班の論争を聞き入ってるのは偉いもんや。

大妃様はこの作中は善人だな。ハ尚宮様共々ヨジの気持ちに気が付いてて英祖にやろうと思ってたようでええ話や。トンイでは悪かったらしいんだけどな。

そして1年後、民の生活は安定したが事件はあった。
物乞いから色々恵んで貰ったムンス様はチェ長官の汚職の証拠を見つけると。
物乞いたちは実はアボンたち官僚だった。ムンス一人だけ官僚の格好という。
タルムンは現在も英祖の直属の喇叭みたいだな。今日も市井に事件の影はないか探ってくれてるみたいね。

そしてミン・ジノンとの再会。現在は壺などの絵付け師となっていた。隠遁生活を送っていた。
真面目に提言してくれるから今もって王の相談役だな、それが市井にあってもなお。

でパク・ムンス様は暗行御史になる。つまり水戸黄門やな。あれ中々面白い展開だったな。実は別のドラマ版でパク・ムンスが水戸黄門になる話があるんだよね。

ヨジちゃんは国王付き女官に昇進してた。相変わらずイチャイチャは止まず、しかし橋の修繕とか貧困層への労わりとか市井を見る事は辞めてないみたいでこれが後の英祖大王である。
ただ今回は米櫃事件の伏線も立てられてて面白かったな。ちょうど暗行御史の流れでコメの不正輸出を摘発してたけど、そう。後に米櫃事件といって冤罪で息子を殺しちゃう事件を起こしてしまうんだよな。若干な不穏な雰囲気を残しつつもこれからもっと美しく素晴らしい政治が実行されるのだという流れは最終回らしく完璧だったね。87点。

関係ないけど水戸黄門って恐らくこれに肖った勧善懲悪モノかもしれない。というのも暗行御史は歴史的事実で実際に水戸黄門みたいな事をやってたから。ただ水戸黄門の元になった水戸光圀公は全国を巡って印籠で以て悪人を糾した人ではなくて歴史編纂家だったから全然史実に基づいてないのはアレでドラマ版で水戸黄門のパクリだ!と主張すると歴史を知らない恥晒しになるので注意したいところ。