mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ 警視庁ゼロ係5 第5話 雑感 今回はお手柄だったな。

https://www.tv-tokyo.co.jp/zerogakari5/story/images/05_01.jpg

ある日、杉並自然公園で金融業者で働く黒崎(笠原紳司)の刺殺体が見つかる。防犯カメラには、なんとナイフを持って、現場から立ち去る太田文平(戸塚純貴)が映っていた…。驚く冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)。すると冬彦の元に文平から電話がかかってくる。すぐさま発信元の駅の公衆電話に向かうがすでに文平の姿はなく…。そこで謎のメモを見つける冬彦。さらに押収した文平のパソコンから交際相手・工藤愛美(坂東希)の存在が浮かび上がり…。


殺された被害者黒崎(闇金業者ヴィーナスローン)と安村(保険外交員)は中々ゲスい事をやってたみたいだな。一方通行の出口付近に張り込んでおいて車が来たらわざとぶつかって慰謝料をせしめる、いわゆる当たり屋をやってたみたいだな。ホンマクズ過ぎるわ。その犠牲者の一人工藤愛美さんは今回の連続殺人の容疑者でなんでも相談室の同僚である文平ちゃんの恋人だったらしい。その復讐だったのかという。中々シビアというかハードというか、ヤバいな。でも本人は殺した言ってるけど違ったりしてな。
文平の復讐先はまだあって当たり屋の男性がもう一人いるらしくて。当たり屋の正体は詐欺の前科があった児玉だった。
文平ちゃん発砲許可で撃たれて死亡。被疑者死亡で送検か、これは苦渋の決断だし保科管理官は悪くない。しかもこれ犯人別にいたな。
橋本刑事が真犯人だった。文平ちゃんは指示されただけだった。事件当夜、愛美さんの妹を拉致したと脅迫電話が掛かって来て黒崎の遺体から凶器のナイフを抜いて指紋を付けた。
公園の東口から出るよう指示したのは監視カメラがあったからか。
太田文平やっぱり生きてた。血糊だったか。そして一度電話を入れた時に警察内部に犯人がいた事を知ったので電話の受話器にメッセージを入れた。これを小早川が見つけて警察内部にいる犯人の事を知らせた。更に春吉に小早川が仕込んでいたスマホを見つけさせたみたい。その後小早川が一人でスマホを弄ってるのは密かに連絡を取るため。そこから保科管理官に繋げて演劇部出身の刑事に銃を奪わせて安村へは空砲。安村はなんやかんやでバレたみたい。
その後トラミ先輩が全員で一芝居を打ったみたい。で一人だけ大号泣のトラミ先輩を尻目にって事だったみたい。ここの茶番凄い騙されたけど面白かった。

で橋本の犯行動機は実は工藤愛美のストーカーだった。工藤愛美の妹が言ってたキモい手紙の事を盗聴してた橋本が逆恨みして妹を拉致、文平が愛美さんと仲良くしてたから復讐相手に選んだみたい。

で鬼塚さんが、自身の所属する一課にクズがいた事を知った事からトラミ先輩が聞きたがってた保科管理官が10年間何してたかについて、公安に居た事を突き止めた事を伝えた。やっぱり公安だったな。

数日後脳みそチューチューされた遺体が発見された。これまた別の遺体なんだな。連続殺人いや連続死体遺棄か。