mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ヘチ 王座への道 第15話 雑感 神回。ウィ様が役人諸共ウンコぶっかけられて腹筋割れたわ。

https://www.nhk.or.jp/pr-image/b526d6332a7e29c1e95001ae2f97e8f0_ll.jpg
https://www.nhk.or.jp/pr-image/dfa08c280aeb44ee3d0131fdaf4b8e6d_ll.jpg
https://www.nhk.or.jp/pr-image/67c00c9a1391cb37a40a8ea61e72b8a4_ll.jpg

王、景宗(キョンジョン)が、謀反の疑いをかけられたイ・グムを自ら尋問しているところに現れた老論(ノロン)派の重臣ミン・ジノン。イ・グムを疑うべき明確な証拠がないのに、尋問をするべきではないというミン・ジノンの訴えに、景宗は…。パク・ムンスは、慕っていた監察ハン・ジョンソクを殺し、その事実を隠蔽したのはウィ・ビョンジュだと確信し摘発に動く。タルムンはイ・タンに協力するふりをし、その動きを探っていた。

処刑当日、ミン・ジノン様がヨニングンの盟約に従って景宗に見解を示す。
実際証拠も証言も得られてない状況で異端審問をやるのはアホだもんな。
大妃様もまたヨニングンの無実を信じてくれてたので内外に助けられたな。
ミン様のツンデレかわいいな。
ミルミルとウィ・ビョンジュの最期、早く見たいもんだな。
タルムンはミルミルの動向を探っていて第一の部下であるクンテに指示して見張らせてるみたいね。
ユニョンさんはタルムンの命綱と思ってたけどミルミルを安心させるための嘘だった。従ってミルミルにとってタルムンの情報は必要不可欠なのであえて煽ってみせるかっこいいね。
一方そのタルムンを最大限動けるようにミルミルに牽制しに来たのは面白い茶番だな。ミルミルがアホで良かったな。この二人のアドリブのような台本付き芝居にコロっと騙されたな。
証拠の存在を匂わせてようやく計画の全貌を教えてくれたな。
ムンス様はついに摘発へ。長官以下司憲府の無能上司たちを遮って強硬手段に出た、最初からこうしとけば良かったな。
ウィ様もアホだな。実力で成し遂げたと思い込んでたらハン監察に窘められ殺害。アホだなぁ。そもそも南人派出身で後ろ盾もいないウィ様だもん。
ユ・ジュンギルさんだけ腹括ったみたいだな。上層部にも一応今回の義憤に呼応した人はいたんだな。
最期しれっと仲間にチュ・ヨンハンか?草。こいつ代わり身の早さやべえな。
そうして連行中にこれでも喰らえwwwwwwwwとあれウンコか?ウンコぶっかけ大爆笑したわ。ウィ・ビョンジュ様、情けないwウンコまみれでw

ところかわって景宗さん各大臣から責められて心臓が・・・。これもうそろそろ死ぬわ。
ヨニングンが儒教の精神に従っていわゆる朝鮮飲みで景宗に憚ったシーン良いな。
景宗は決心して粛宗の真意を伝えたか。父親の遺言だったんだな、それで世弟にしたんだ。て事は嫌いだったのかな、たった一人の血を分けた弟だったけど。
そして景宗はミルミルの仕業だと察したか。何せ二人の弟が急死したのもミルミルのせいだからな。

ト・ジグァンさんは早々に見切りをつけてミルミルからとんずらを扱く事に。ミルミル完全に味方タルムンだけやんけ!なお。
ジグァンさんをムンス様が今度は警備隊を引き連れて応戦したのでこれはお縄かな。

タルムンさんは清国への人身売買の証拠を押さえに行ってもう行けたな。タルムンは元々暗殺稼業の人だから作中屈指の実力を誇るね。殺陣シーンええな。日本も見習えよ。

ムンス様やられそうになったけど寸でのところで弓の名手を自負するヨニングンが援軍を引き連れて参上。ウィ・ビョンジュに続きト・ジグァンと清国の使者を捕らえる事に成功。

ユニョンことポクタンさん、タルムンの最愛の女性だったけど最後までミルミルと添い遂げようとしてた。で騙してたタルムンを引っ叩いてでも逃がさないタルムンイケメン過ぎる。

一方ミルミルは鞠庁にやってきたと思ったらミン様に咎められる。証拠なかったんや、しゃーない。
ミルミルの母親は冤罪で殺されたから復讐だったんだな。
でミン様に見つかったけどヨニングンに力添えする訳じゃないからとミルミルを見逃す。
ミルミルは後悔するけどもう遅いぞ。

兵に見つかったかと思ったら逆にやり返して衣服を奪って逃走かな。
と思ったら景宗の前に出頭か。斉州島へ島流しのち死刑との事だけど・・・。