mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ヘチ 王座への道 第7話 雑感 殺陣シーンがかっこ良かった。

イ・グムは役人登用試験での不正を暴き、老論(ノロン)派の分裂をはかる。

https://www.nhk.or.jp/pr-image/bfabcd703f6cfe19d543a8156dd179dc_ll.jpg


老論派ひでえ。
科挙の成績優秀者の名前を書き換えるとかガイジ過ぎる。
あのごろつきさん、ミン様の手下だったのだとヨニングン。科挙の不正に対して世論誘導を行っても元を糾さないから無意味だな。
ムンス様の抗議だけでなく学生世論を使って全員で抗議しとけばええんちゃうのかとヨジちゃんに対して一人でやるとヨニングン。
ヨニングンの弟さんも周りの皆も力になると言ってるからとついに立ち上がるんやね。
でヨニングン派のメンバーがたきつけた老論派の学生や官僚たる両班たちに吹聴して老論派たちに抗議活動をする構図に確かにこれは炎上するわ。
先王粛宗もまたヨニングンに王位を譲りたいと言ってたのでひとまず政敵であるミン・ジノンをやっつけられるからキム様がヨニングンと組めばいいのよとイ・イギョムさんが勧めるの良いね。
ミルプングン、ついに発狂しちゃったか。
ヨルリョングンに目を掛けていた大妃も可哀想だな。ミルプングンと比べたらヨニングンの方がまだマシと判断したか、キム様。全ては政敵を葬るためだもんな。
一方ヨニングンにはミルプングンらの刺客かな。それを助けたのはあのチンピラ、タルムンさんとは。お前守る言ってたもんな。やるやん。
コアラ呼ばわりされてる子も助けたれよ。。。