mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

仁木英之『我、過てり』 雑感 戦争に強くても政事に疎ければ勝っても負けるという奴だね。

常勝大名だった武田信玄信濃争奪において三度も打ち負かした村上義清の話は某ノブヤボプレイ動画から知った口だけど村上って結構過少評価されてるよねって。
その点のこの本では過ちを認めつつその武勇で信玄をへこませた武人虫の武人だという事を紹介してたので面白かったね。
独眼竜政宗、その懐刀片倉小十郎景綱。秀吉が既に関白になってる状況下で関東では特に警戒されてた徳川家康が伊達から葦名、最上、佐竹、上杉など錚々たる面々に勇み足過ぎるなよと釘を刺してて伊達も例外じゃなかった。イメージは独眼竜の勝新太郎秀吉というどっぷりした感じで東北の地から見てもデカい存在だなと。伊達政宗もついに観念して我、過てりと白装束に着替えて北条攻めを行う秀吉の軍勢にはせ参じようと。もうそういう時節じゃないんだと奥羽の総無事が約束されないと駄目な状況だと。改封や転封が多かった中で秀吉も政宗に一目を置いてたという体で伊達家の安堵を約束せしめたものの、政宗の中には厳しさの中に仁を持つ事がお家を取り潰さずに済む事を覚えて憧れた武田家の末路を教訓に秀吉死後も長い物つまり家康に誠意を尽くして家風を守ったという話で結構面白かったね。片倉小十郎を所望した秀吉の場面、家康が泣く泣く石川数正を秀吉にあげちゃったのとちょっと似てるよな。政宗は小十郎を渡さなかったけどそのお陰でお家を存続させる事に成功させたとも見える。まあ家康は強かだったからあんまり参考にはならんかもしれん。
時は四国征伐九州征伐前後の岩見家の重太郎。ある時小早川隆景家の剣術指南役だった父親が何者かに斬殺されて兄から叱責を受ける内に沙汰が出るまでにその仇を見つけて切り伏せてやろうと這う這うの体で探し回るという。小早川隆景麾下の家臣の子弟たちに事の真相を尋ねるも先に剣を抜かれたため(そう誘導して)26人も討ち取って隆景の元へ出頭した重太郎に対して真犯人が広瀬軍蔵という父親の同年代の剣術指南役だったと知れて兄や妹は既に暇を乞うて長い旅路に乗り出していたみたいで重太郎も後を追った。数年が過ぎて関ケ原の頃にはそれなりの有名な剣客となった重太郎だが帰参は許されず更に新当主となった小早川秀秋は徳川に味方して所領の安堵が言い渡されたものの若くして死にお家は断絶。更に兄も死んでたみたいでいよいよ帰る場所を喪った岩見の子倅が一体どうするのかと。更に泰平の世になって知り合った京極高知の家来に広津力蔵という男の話を聞いた重太郎は一大決心をする、仇がようやく討てると。しかし京極高知を救った忠義者となっていた軍蔵との決闘は叶わずならばと紅白戦をしてその際にどうかという話になった。で軍蔵を討ち取った時その名前は伝説になったものの、やはり気分が晴れず更に軍蔵が遺した言葉から豊臣と徳川の戦いに身を投じる決意をして土竜から飛竜となって本懐を成そうと立ち上がった重太郎だが、ある場面で我、過てり。外堀も埋められていよいよ橙武者と揶揄されるまでになった敗残の将の姿だったとか。しかし最期は後藤又兵衛と共に先陣を切って大将が討ち取られる中旅で出会い敵討ち、大阪城入りまで果たした無二の親友藤兵衛と共に片倉小十郎の陣へ突撃。その最期を見た伊達家や島津家からは称賛されたそうな。
最後は立花宗茂。妻誾千代を喪った時、かつての悔恨が蘇った、という体。立花道雪高橋紹運が目指した戦の理(ことわり)を血脈として継いでいく事を様々な戦で以て決して行くようになったという。秀吉や宗麟らからも絶賛された宗茂の戦姿は次第に大きなうねりとなって豊臣恩顧の家臣団でも強く大きくなっていったという。それは道雪や紹運という後光もあったんだろうな。
宗茂朝鮮出兵でも先陣や援軍を務めて自信満々だったが清正とはここで知合を得たようで後に豊臣方に味方して西軍に裏切られて孤立し鍋島に所領を攻められた時にその縁と誾千代が建てた方策からどんどん救われていく事になる。その誾千代が唯一悲しんだのは側室を迎えた事だそうな。宗茂は確かに義の人だけど結果的には周りの仁によって助けられてたね。孤立無援の状況を自ら作り出しても最終的にはそれを見てくれた人達によってお家も存続できたみたいで。それにしても豊臣家とその周囲は秀吉がいなくなるとどうしようもない連中ばかりだったな。加藤清正だけはその中にあっても仁義で以て宗茂を迎え入れて家康に仕えさせてるのでこの本書で以て清正への評価が変わった思い。