mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

遺留捜査6 第3話 雑感 結局寺川って元受刑者、何のフォローもされずに終わったな。

雑木林の土中から、女性の射殺体が発見された。臨場した特別捜査対策室のリーダー・佐倉路花(戸田恵子)は、遺体の顔を見て驚く。殺され、埋められていたのは、路花の亡き友人・前園慶介(東根作寿英)の妹で、元警察官の由紀(黒川智花)だったのだ。一方、糸村聡(上川隆也)は、遺体のポケットの中からハンカチに包まれた、厚手の紙を発見する。少々いびつな形をしたそれは一見、和紙のようだったが、科捜研の研究員・村木繁(甲本雅裕)の鑑定によるとパルプを原料としており、和紙とは違うという。由紀はかつて所轄署の地域課に勤務していたが、10年前、慶介の死とともに警察を辞め、数年前からカメラマン・高峰英作(湯江タケユキ)の事務所で働いていたらしい。やがて、由紀の命を奪った銃が先週、大阪で起きた暴力団員の銃撃事件で使われたものと判明! それを知った路花は単独でどこかに出かけていくが――!? 
慶介・由紀の兄妹、路花の間に過去、何があったのか…!? そしてなぜ由紀は殺されたのか…!? 一片の紙を手がかりに、糸村が思いもよらぬ真実を浮かび上がらせていく…。

前園由紀(被害者・元警察官)- 黒川智花
前園慶介(前園由紀の兄・故人)- 東根作寿英
高峰英作(カメラマン)- 湯江タケユキ
柊登夢(モデル)- リュウソウブルー・綱啓永
寺川充 - 中村凜太郎
その他 - 長南洸生 島居香奈 多賀勝一 鈴木康平 戸塚純貴 宮島優莉愛 東條幸愛

https://www.tv-asahi.co.jp/iryu_2021/story/0003/img/05.jpg


寺川が佐倉さんにもう信じてくれないんですねつってたけどこれがどっちの意味か分からんよな。
佐倉さんの旧友の協力雇用主の男性がそこの従業員で前科あり更生中の寺川が京都如月組ってヤクザとまだ付き合っててそれを咎めると不慮ではあったけど殺害してしまって服役してた。その被害者男性慶介さんの妹由紀さんが今回の被害者。銃殺だった。拳銃はその京都如月組が抗争中だったヤクザ幹部の線条痕と一致してどうやら同じ犯人じゃないかと目されてた中で寺川が犯行前日かな?由紀と墓参りで出くわしてたと。
一方糸村は由紀さんの衣服や部屋で発見された紙屑を独自調査。どうも日曜日もリサイクルショップ?の教室に通ってたとか。
墓参りの後みやび文化市民センターの工芸教室に通ってたそう。その後シェアサイクルを借りて・・・殺害現場か。
でモデルの柊登夢が浮上。加藤たちという反社連中も浮上。
どうもかつて反社と付き合ってて失敗して暴行を受けた時に由紀さんに拾われたそう。彼女の紹介でカメラマンの高峰英作に専属モデルと雇われ今に至るそう。
モデルとして一本立ち出来て写真集を出すという段階になって如月組に所属する加藤達から脅迫を受けて1千万円を要求されてた。どうやら羽衣組の幹部とかいうのを殺害したのは加藤たちらしい。
連続殺人の上教唆罪と脅迫か。死体遺棄は殺人未遂も伴ってるからこのモデルは無罪になるかな。
組織犯罪対策課と合同で逮捕。柊は脅されてやってるから不起訴になるっぽいね、まあ当然だけど犯人隠避で書類送検とかえげつないな佐倉さん。じゃあやっぱり寺川は無実だったか、良かったな。
3分はどうやら佐倉さんになった。
ゴミクズもちゃんと生まれ変われると言う信子さんという女性。柊登夢という男性によって、由紀さんが更生させた事を機に気持ちが変わって工芸教室へ足を運ぶ事になったと。牛乳パックからハガキを制作し続けていたがその目的こそ佐倉さんに手作りハガキを出して10年分の返信をしたかったという。綺麗な締め方やね。
まあでも寺川さんの事最初から疑いの目で見てた佐倉さん、その後フォロー一切なしは酷かったな。柊登夢ってモデルに対してもだから元からそういう性分なんだろうな。どっちがクズやねんと。まあ佐倉の性格を示す真性クズエピソードって事で一つ。