mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ 記憶捜査2 新宿東署事件ファイル 第5話 雑感 出演者が巧者揃いのせいで東奏多役の平岡祐太さんの大根演技が露わになってそれが毎週の楽しみになりつつある。

鬼塚一路(北大路欣也)は帰宅途中、何者かにスタンガンで襲われる。とっさに遠山咲(上白石萌音)に電話で助けを求めたため犯人は逃げたが、鬼塚は男に「笠井由紀夫」と呼びかける。
笠井は10年前、鬼塚が担当した殺人事件の犯人で、刑期を終え、すでに出所している。鬼塚は、当時捜査をした渋谷北署の警部補・加山静男(羽場裕一)と共に、捜査を始める。
そして事件が解決した時、鬼塚を襲った悲しき真実が明らかに…!

大橋刑事と共に10年前の谷中石材店殺しの笠井に襲われたかもしれない鬼さんがかつての同僚で現在は渋谷北署で定年間近の保安係長加山班長(羽場裕一)と木地本鑑識のツテでもう一人郡司君が応援に駆け付けた。
実は当時の被害者浦部を殺害したとされた笠井にはいささか疑問があったと鬼さん。笠井には10歳になる子供がいたと鬼さん。
息子蓮くんはどうやら別件で誘拐か?千駄ヶ谷で蓮君を連れ去った犯人は笠井だったか。
塚原社長(田山涼成)、保護司の紹介で笠井を雇っていたため知ってたか。しかし田山涼成だし怪しいな。
大橋刑事を襲ったゲソ痕どうやら前歴ないなら笠井ではない訳だな。やっぱ東署長の関係者かなあ。
佐久間洋二さん、今の蓮君のお父さん。しかしこの人もまた塚原社長よろしく靴のシーンが出てくる。ミスリードか。
誘拐事件の方は何か解決しそうである、そのヒントをLINEでのやり取りから瞬時に見抜いた鬼さんは新宿に狙いを絞る。
誘拐されたもう一人が佐久間颯太君だった。もしかして間違えたのかな。10年前に収監された時蓮君はまだ母親のお腹の中だったし。
阿・吽あ・うんの狛犬の神社。
実は狛犬は石材工芸で石材職人だった笠井は蓮君とそんな話をするために新宿区内の神社を巡ってたみたい。ちなみにその二人のゲソ痕が一致。
鬼さんと大橋くんを襲った犯人は加山班長・・・?と思ったら違うのか。当然あの冤罪事件の犯人も笠井ではない、か。
で塚原の会社が海外製スタンガンと一致。大橋くんを襲った犯人は鬼さんを見てすぐさま刑事さんと呼んだ事から思い出した模様。
神楽坂署管内の誘拐未遂事件に対して佐久間姓だったので誤って颯太君の方を誘拐しそうになった。その動機はかつて笠井と職人仲間だったので石材巡りをしようとしたかったみたい。
それほどまでの関係だったけど、実は笠井は谷中石材店の経営は逼迫してた中で浦部さんを殺害しちゃった塚原社長を庇って当時の従業員たちで話し合って笠井が代表者として自首したけど、殺人罪で立件された時、自分の息子が生まれそうなことと離婚を切り出された事からどうでもよくなったらしい。その後会社は倒産、でも10年経ってそれなりの会社をまた作る事ができたと。
笠井は出所後に蓮くんと引き合わせたが、直後たまたま出くわした時にまた笠井を追ってるのかと誤解してスタンガンと。
今回の事件は不問に付されそうだな、あるいは情状酌量の余地ありと見なされて。この件では鬼さんも加山班長もそして笠井さんや塚原社長も辛い想いしたもんな。
塚原社長の場合、同件の殺人罪での立件は多分無理だからね。多分裁判で笠井さんの名誉回復の機会だけは与えられるだろうな。

蓮君は新宿狛犬巡りを母親と昔行ってたらしいけど、佐久間のお父さんが怒るのも仕方ないね。実の父親より育ての父親を選んだ蓮君偉過ぎやろ。
冤罪とはいえ刑に服したので蓮君のお別れも素直に受け入れられたんじゃないかな、笠井さんも。大人になればまた会ってあげるよと言われて良かったやんか。しかし今回の誘拐事件は蓮君のお母さんにも原因があったんだよな。監視アプリを過信してしまった事よね。
加山班長は妻子と再会出来そうやな。何か羽場さん悪役じゃなくて最後まで良い役だったな。

https://www.tv-tokyo.co.jp/kiokusousa2/story/images/05_01.jpg