mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

グッド・ファイト2 第2話 雑感 パパ、さよならwwwwやっぱり面白いなこのドラマ。

クリスティーン・バランスキー小宮和枝,ローズ・レスリー鷄冠井美智子,クーシュ・ジャンボ…鈴木美園,デルロイ・リンドー辻親八オードラ・マクドナルド…近内仁子,サラ・スティール…石井ゆかり,【製作総指揮】ロバート&ミシェル・キング,リドリー・スコット,【脚本】ウィリアム・フィンケルスタイン,【演出】ジム・マッケイ

マイアの裁判で焦点になるのは、父親が巨額詐欺を働いていたことをマイアが認識し、加担していたのかどうか。ダイアンたちの事務所に誘われる前、連邦検事補として、この裁判を担当していたリズは、検察側がサプライズ証人を隠していることを明かす。一方、ドバイで撮影された昔の知り合いロザリーの写真をFBIから入手したマイアは、父ヘンリーが一緒にいるのではないかと疑い、マリッサにロザリーの居場所を探るよう頼む。

https://www.nhk.or.jp/pr-image/322557ede0e84436e49d09a07d08ad22_ll.jpg


ロジャーヒル殺害事件から弁護士報酬の過剰請求から類似の弁護士殺害事件が続いてる模様。
元司法省のリズ・レディックは制約があると言いながら割と有力な情報をダイアンにくれてる。彼女の後任はどうやらコリン・モレノだそうな。
ティム・シェフリン、リズの元同僚。司法省辞めてるんだな、こいつも。
社会学の先生、色んな保護者からいっぱい何か貰ってたのね。じゃあ投資話もそらすんなり貰うわな。要するに信用できない人だと。
でサプライズ証人は元カノのロザリーでなく今カノのエイミーってなってるな。でもリズはサプライズ証人は別の人という、ダイアンだった。
年間30万ドルのお小遣いを貰って小旅行に行ってたらしいけど、その後ルッカを逆恨みしてるコリンの誘導尋問でエイミーがマイアの事実でない証言を次々行ったみたいね。
ダイアンはリンデル財団の設立手続きをしたためマイアが窮地に陥る所だった訳ね。
そこでマイアは調査員になったマリッサに早速依頼を出してロザリーの事を問い質すみたいね。
10年も連邦検事局で働いてたのに突然経歴をトランプに抹消された事を恨んでるリズさんがここぞとばかりにダイアンに情報提供する理由って訳ね。
そんな今カノと同衾するマイア、混乱してるよな。
でロザリーの妹に単身会いに行ったマリッサ。もう調べたのか早い。
ロザリーはやっぱりヘンリーと繋がってるのかな。
ケリー財団という裁判長がよくメモを見ずにサインした訳で投資詐欺に使われてても気付かなかった可能性があると認めた事でこのルッカとダイアンのまどろっこしい会話劇は無事印象操作に成功したみたいね。
父親を信じたいのに母親まで裏切ってるのだと思うとマイアは両親のせいで刑務所に入れられる、理不尽だわ。
ダイアンは引退を考えながらレノア・リンデルの証人喚問に成功したのね。グリーンヴィルに2か月収監されてたのをいちいち証言してるの面倒臭いな。
レノアさん、コリンが検事局との取り決めで減刑するから検事に有利な発言をしてと頼まれてすげなく断ったのは凄いな。これ見ると母親が有能なのとダイアンがやっぱ偉いな。
やっぱりロザリーと一緒に逃げてたヘンリーは捨て携帯から電話してきたので本物だな。
警察というかFBIが逆探知してるんか、一応マイアと協力してるんだな。でヘンリーは警察に捕まったか、良かったな。さよならってホンマ最後の最後までクズだったな、父親は。逆に母親は刑期が長くなっても良いから娘を助けたくて証言台に立ってるからな、この差は良いよ。泣けてくる。ヘンリー死ね、死刑にしてくれマジで。ロザリーも共犯だしな。

次回、FUCK OFF“くたばれ!”とのことです。