mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ 記憶捜査2 新宿東署事件ファイル 第4話 雑感 まさかのエレクトリカルアタックだった。

スマートシティ化計画「新宿Iシティ」の捜査をしていた警視庁サイバー犯罪対策課・佐山正(マギー)と、その上司・北村紗枝(田中美奈子)が毒殺される。
「新宿Iシティ」参加企業のパソコンが次々にウイルスに侵される中、東署長に不審な動きが…!?2人の刑事を殺した犯人を追うべく、新宿のあらゆる防犯カメラ映像を調べる鬼塚は、新宿ならではの“動くランドマーク”に気づく。見えざる犯人の正体とは…!

https://www.tv-tokyo.co.jp/kiokusousa2/story/images/04_01.jpg


東署長発案の新宿Iシティをめぐる殺人がついに2件も起きてサイバー対策の署員が二人とも注射針によって毒殺されている。
上層部へは東署長は誤魔化してたけど時間の問題だな。
新宿ドラゴンとかいう新聞配達員が事件現場をグルグル。その時は夕刊の時間だったと。
警備のお廻りさんが新宿ドラゴンを目撃したか、あるいは監視カメラに映ってたか。いずれにせよ正確な時間に到着するので見逃すのは不明だと、その時はウンコでつい席を離れたみたいだけど。
たまたま新宿散歩バスとかいうのが15時半に5分間止まってたので死角になったのかな。
一方東署長のパソコンも感染していた。データは消されててどうやらIPアドレスを削除させてたみたい。
刑事官も流石にこれには切れるわな。あの当番巡査の時より烈しく署長をドヤしてたのはワロタ。一応上司だぞ。
北村班長が前回署長を問い質してたのはこの部分だろうな。つまりIシティがサイバー攻撃を受けてた事とそれを隠蔽指示してたのを知ってだったんだろうな。
死角なしの監視カメラ数百台に映らなかった新宿ドラゴン、死角があったという事ね。
で例のバスの車載カメラからは北村班長に密着するようにマスクの男が、23時ごろに自販機のカメラに映ってた北村班長の身近にもある男が移り込んでいた。つまり同一人物。

犯人はIシティ管理センターの林か。
映像を差し替えた事が疑うきっかけね。北村班長が署に入った時の映像と別カメラで撮られた映像に北村班長と一緒に入ったはずの林が映って無かった。更に自販機のカメラとIシティの車載カメラに映された北村班長と林。つまりデータを改ざんしていた。しかしライトアップされたタワーを見逃したこと、新宿ドラゴンという配達員の姿を見逃した事が決め手になった。
10日前に新宿Iシティのバナーがあってそれを誤ってクリック、それでトロイに感染してそのまま参加企業にその感染したパソコンでテストメールを送信した事でウイルスを蔓延させたのはIシティの管理責任者である林だった事が知られればIシティ計画の根幹が潰れる。それを署長に報告したらその報告書などを隠蔽するようにやったと。
この隠ぺいによって新宿東署とシティセンターのIPアドレスだけ消えてた。それを怪しいと感じてその捜査を行ってたのが佐山警部補だった。
前回東署が停電した際のあのシステム障害は海外サーバーの犯人に残ったデータを削除するためにやらかしたけど、これをサイバーテロ対策班の北村班長がいち早く気付いた。だから林を問い詰めた所、署長が指示したと言ったから署長を咎めてたんだな。でも隠さないと保身が全部ふいになるから北村班長の殺害も決意。ひっでえ事件だ、隠せば隠すほど事件は明快になっていくというのにがんじがらめに陥って殺したと。
室園さんは鬼さんに説得された北村班長がその足で公表を迫ったみたいで最高責任者としてどうするべきか思い悩んでたら班長が殺害されて驚いて恐怖してもう公表しないとならないと覚悟を決めてIシティ計画は無事凍結へ。

しかし東署長はこれを逆恨みしていた。
小山田人事課長が怒って彼を警察庁に戻すけど終わりなんですね。で警視庁人事二課へ異動を命じられるも東署長は鑑識の木地本さんと鬼さんを道連れにする事を要請。
で翌日?大橋さんがスタンガンでやられた上に鬼さんもレイプされそうな雰囲気で思わずぐへへってなったわ。三匹のおっさんで見たわ、亡くなったんだよなぁ・・・お悔やみ。