mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season20 第4話 雑感 妖怪小豆洗い。

タレントの成沢真弥(篠原真衣)が、新築の戸建て住宅で絞殺されているのが見つかった。第一発見者は、婚約者の織江雄吾(小堀正博)。2人は来週、籍を入れる予定で、引越し直前の新居で夕方、落ちあう約束を交わしていたらしい。
その日、珍しく休みだった榊マリコ沢口靖子)は遅れて臨場。知らせを聞いて駆け付けてきた雄吾の母・美香子(杉田かおる)と出くわす。美香子は、“眠り”に悩む人々に快眠へのアドバイスをする“睡眠プランナー”で、“眠り姫枕”という商品をプロデュースして大ヒットさせた有名人だった。マリコが到着する前、所轄署のベテラン刑事・殿村豊(浜田学)がすでに検視を代行しており、死亡時刻は午後3時前後と推定されていたが、その時刻、美香子は社内で仕事中、雄吾は新幹線で東京出張から戻る途中…と、2人ともアリバイがあった。

出演者:沢口靖子 内藤剛志 若村麻由美 風間トオル 斉藤暁 渡部秀 山本ひかる 石井一彰 ほか

ゲスト:杉田かおる 浜田学 松田るか 篠原真衣 小堀正博 西尾塁 櫻井忍 井上一輝 ほか

安眠枕でホシを挙げる!的な。
織江美香子先生、睡眠プランナーとして眠り姫枕を開発して日野さんを迷わせてるみたい。素晴らしいな。
今回の被害者成沢真弥さんはCMタレントで一緒に活動してて織江さんの息子雄吾さんと交際してて結婚間近だったらしい。
事件当時婚約者とその母親にはアリバイがあった。
タレント志望の藤木蕾という女性が事件の前に真弥と付き人として仕事してたらしい。どうやら織江さんの紹介だったそうだけど仲はあまり良くないみたいで。
凶器のテグスみたいなのは彼女が手編みのマフラーか何かを編んでたからそれ?
でもう一人三ツ矢比呂というイケメン俳優は真弥さんとセフレの関係だったぽい。続々と被害者の醜聞が明らかになってくるな。
衣服に付いてた小豆の成分は十勝ろまんという変質した成分らしい。
殺人が発生した時どうやら全員にアリバイがあったらしい。
藤木蕾はナルコレプシーだった。死体を一番に見つけた時に自分が疑われると思って偽装工作する事にした。その時に小豆を誤ってばら撒いてしまってその掃除をした時に小豆が一部付いたらしい。偽装工作したために全員のアリバイが図らずも立証されてしまったが、小豆による時間操作で死体の硬直度合いが変わったのなら当然犯人はまた絞られてくると。
で犯人は雄吾の母織江美香子だった。真弥が他の男とセフレ関係にある事に気付いたものの、雄吾は信じず更に無神経な蕾にも苛立ってて真弥を殺す時に罪を擦り付けようと思ったみたい。
しかし相変わらずプロの犯行過ぎるな。後ろから気付かれずに絞殺って必殺仕事人かw
小豆を温めて寝つきの悪い息子のために足元を温かくする枕を開発したのを参考に蕾さんが偽装工作をした事を知ってあっさり自白。煩わしいと思ってた人が実は自分の本当に大ファンだったというホンマ笑わせる話やね。で真弥にも蕾にも親はいるんやで!とやんわり説教されて罪認めて良かったやんか。
今週面白かったな。いつもはながら見みたいなので良いんじゃないかと思ったけど偽装トリックもそれ自体も伏線で犯人割り出したのも良かった。流石にあの殺害方法はちょっとやり過ぎだったね。プロの犯行やん。

https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken20/story/0004/img/05.jpg