mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ 記憶捜査2 新宿東署事件ファイル 第1話 雑感 捜査一課長かな。

ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、「松本勇吾」という男性の死体が発見される。鬼塚はその名前から被害者がバイクの盗難で被害届を出していたことを思い出す。盗難事件と今回の殺人事件は関連があるのか?鬼塚は刑事官の神啓太郎(風間俊介)、部下の遠山咲(上白石萌音)と共に捜査を始めるが、新署長としてやってきた東奏多(平岡祐太)はそれが気に食わず…。

刑事官が安楽椅子探偵の鬼塚さんの話を聞いて警察捜査のヒントにしていくこのドラマ、もう2年目か。すっかりこの1年で鬼塚さんの立ち位置は良くなったけどそれを快く思わない新署長が事件現場付近に事件の1か月前に通り過ぎていたのは怪しいよな。
でデビッドカードの改元詐欺ね。なるほど被害者のカードにはさみを入れてICとかを切ったのね。
松本はバイク窃盗の被害者で、殺人被害者。しかし詐欺の加害者。詐欺の受け子をした松本のバイクを窃盗して売り払った市原がその1か月後にまた松本の金100万を厳禁で所持してた、時系列が読みにくい事件だん。
デビッドカードの持ち主吉村志保さんの息子聡さんが捜査線上に。吉村さんの引っ越し先か、不動産会社を調べると。しかし遠山くんは刑事じゃないのに首突っ込みたがるな。そんな司法係が嫌なら刑事課に異動願いしとけよ。


犯人は不動産会社の辻社長。松本が殺された現場の下足痕が辻の自宅にある靴と一致。殺害は辻。また外国人窃盗団が利用してた高額のコンテナボックスの所有者が辻で、市原たち受け子や受け子狩りのボス箱長でもあった。被害者の暗証番号で勝手に100万円を引き落とされてた事で怒って松本を潰しに行ったんだそう。
2か月前に松本に市原が見つかった事で強請られ、市原は新宿の地理を知り尽くした男だったので切るのが惜しくなった。
一方松本は市原や辻を強請り始めた一方で吉村さんの息子さんに市原の事をバラして、で殺傷沙汰になったみたい。それもこれも松本も悪いよな。
でしかも二人きりで植物園で会いたいと言ったのは松本の方だったってのはワラタ。

で令状を取ったのは吉村志保さんの家を家宅捜索するためかと思ったら彼のケータイに遠隔操作でアプリを入れる事だったのね。
吉村聡さんは母親を騙した詐欺集団の一人である市原を殺傷しようとした事で別件逮捕
松本に貰ったメールを警察に提出したら良かったんじゃないのか。
息子が許せなかったのは詐欺でなく母親を倒れるまで追い詰めた息子自身だもんね。

殺人未遂と傷害罪だけど執行猶予は確実に付くと刑事官は思ってるみたいだけど、新署長が何か怪しいよなあ。
どうも若葉二丁目で署長が目撃されたのは内示が出た時に監視カメラを設置するにはどうすればいいかを調べてたみたい。絶対に犯罪を起こせない街にするためにとその道プロフェッショナルとして鑑識の木地本警部補が選任されそう。
新署長の思惑はちょっと気になるよな。

そして再びの新宿植物園での死体発見。全身イチゴまみれのご遺体、気持ち悪いなw

https://www.tv-tokyo.co.jp/kiokusousa2/story/images/01_02.jpg