mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

MBSドラマイズム「荒ぶる季節の乙女どもよ。」 第7話 雑感 もっと画面明るくしてもっと茶化してくれたらアニメで笑えたギャグシーンでも笑えたと思うんだ。

ひと葉(田中珠里)を乗せた山岸先生(古川雄輝)の車がホテルに入っていくところを目撃してしまい、
ひと葉と山岸先生に不信感を抱く、り香(横田真悠)…それぞれの葛藤により、気まずいムードの文芸部。
一方、新菜(玉城ティナ)は「少女」である自分を終わらせようと三枝(鶴見辰吾)のもとを訪ねる。
その翌日、新菜は和紗(山田杏奈)にあることを打ち明け、それを聞いた和紗は、泉(井上瑞稀)の元へと駆け出して行きーー。
そんな中、り香のクラスメイトの十条園絵(古田愛理)にまつわるとある出来事をきっかけに、学校内に衝撃が走る事件が起きて…?!

曽根崎さんの友達のギャルが妊娠して出産するつもりみたいで退学なのね。これはアニメでもやってたし既定路線か。ここで意識が変わって行くって話だからかもね。
やっぱ学生が妊娠するってええな。関係を隠さないといけない方が淫らか、ええな。スケベな回答やで。
三枝さんの鼻毛白かったか。それが菅原氏を憧れから失望へと追い込んじゃったか。まあ良かったやんか。なおこいつは泉君が好きだと和紗に直接言っちゃう所、ホントええ性格してるわ。
そんな訳で泉君との恋路よりも友情を優先してくれたっていう菅原氏の気持ちをおもんばかった、というか忖度しちゃった和紗がその鬱憤を晴らすべく泉君を襲うも泉君は和紗の鼻の穴が広がってると言って茶化したけど、菅原氏の事も考えてるから仕方ないね。そういう挙動が和紗を不安にさせてる。でも泉君の中では菅原氏は憧れの存在であってもそれは友達程度のもので、勿論セフレとかじゃなくて、和紗へは多分恋人として本当に大事にしたいと思ってるからこそ段階を踏みたいんだろ。知らんけど。
一方十条さんの退学騒動で曽根崎女史が天城君を振り切り、また校長と教頭が男女交際を禁じるお触れを出したことから反発する流れへ。
曽根崎女史が天城君とラブホ近くで屯ってた事が何故か漏れて男女交際を禁止推進する校長ないし教頭による見せしめとして停学処分にしようかとそういう動きを見せたので思わずミロ先生が庇い立てたけど既に処分は下す決定に変わりなかった。その結果本郷女史が気を吐く訳ね。何か次回でラストみたいね。良い感じに話が進んでるけど、青春モノにしちゃったのがちょっとアレかな。このドラマ結構切られてると思うんだよね。役者さんさ、普段結構綺麗どころなのにメイクの関係か玉城ティナ以外微妙過ぎるんだよな。特に山田杏奈はもっと可愛かったと思うんだけどな。

f:id:mouseion:20201021014657j:plainf:id:mouseion:20201021014700j:plainf:id:mouseion:20201021014704j:plainf:id:mouseion:20201021014708j:plain
https://i.imgur.com/Gj9vDZI.jpg
https://i.imgur.com/Ey6Kd4u.jpgf:id:mouseion:20201021014805j:plainf:id:mouseion:20201021014810j:plainf:id:mouseion:20201021014814j:plainf:id:mouseion:20201021014818j:plainf:id:mouseion:20201021014822j:plainf:id:mouseion:20201021014827j:plain