mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

MBSドラマイズム「荒ぶる季節の乙女どもよ。」 第6話 雑感 玉城ティナが別格レベルの美人だな。これで痴漢しない男子高校生ってすげえよ、泉君!

文化祭で幼なじみの泉(井上瑞稀)に告白され結ばれた和紗(山田杏奈)と、はっきりと自分の気持ちを天城(前田旺志郎)に伝えられた、り香(横田真悠)。
浮かれ気分の2人をよそに、初めての恋に執着することに決めた新菜(玉城ティナ)は、泉との下校中、泉の心を揺さぶる予想だにしない行動に出る。
新菜の“執着発言"を聞いてしまった百々子(畑芽育)は、新菜を責める一方で、自分の中に芽生えた感情にも戸惑っていた。
そして本郷ひと葉(田中珠里)は、山岸先生(古川雄輝)への想いを断ち切るため思いがけない発言をする。
「一度、抱いてくれたら。きっぱり諦めます」。 5人の恋模様がますます加速…乙女どもの“転機"の第6話!  

友達とセックス出来ない、できるけどそれもう友達の定義外れてて単なるセフレになる。
例の告白を見てから疑似恋愛、疑似セックスは成り立つのかと菅原氏が泉君に行動的になるんだけど、流石に電車の中で痴漢プレイは行かんでしょ。まあティナちゃんのお尻とか腰は揉みたい誘惑に逆らえる気はしないけども泉君は偉いぞ。
曽根崎さんが天城君とラブホ寸前だったけど、本郷さんはラブホへ。
ラブホへ本郷さんが決心して山岸いやミロ先生を逆レするも勃起していませんでした。ガリガリならちょっと肉付けろよ。ちなみにミロ先生が好きなタイプはおっぱいの大きな包容力のある眼鏡の先生だった気がする。結局振られる本郷さんと自分に魅力がないと思い知らされる美人の菅原氏。須藤さんは杉本の屑を拒否ったらビッチ扱いされて本気で困惑してて可哀想です。アニメだと傷の舐め合いみたいになるんだけど、杉本はアニメもドラマもクズだけどドラマの方が倍増しでクズだったな。ちょっかい自分から掛けといて文化祭でも馴れ馴れしいし、ヤンキー友達に彼女自慢みたいな?あれもクソだったけど謝ったら許してあげるって?ホンマ死ね。中の人も〇ねとは流石に言わんけど結構上手かったな、あのウザさは。
あと須藤さんの泣きシーン、畑芽育ちゃんの貴重な洟垂れシーンはシコですかね。いやー僕はいいっす。

f:id:mouseion:20201014023303j:plainf:id:mouseion:20201014023307j:plainf:id:mouseion:20201014023310j:plainf:id:mouseion:20201014023314j:plainf:id:mouseion:20201014023318j:plainf:id:mouseion:20201014023323j:plainf:id:mouseion:20201014023326j:plainf:id:mouseion:20201014023330j:plainf:id:mouseion:20201014023335j:plainf:id:mouseion:20201014023338j:plainf:id:mouseion:20201014023342j:plainf:id:mouseion:20201014023346j:plainf:id:mouseion:20201014023351j:plainf:id:mouseion:20201014023354j:plainf:id:mouseion:20201014023357j:plainf:id:mouseion:20201014023401j:plainf:id:mouseion:20201014023405j:plainf:id:mouseion:20201014023409j:plainf:id:mouseion:20201014023412j:plainf:id:mouseion:20201014023419j:plainf:id:mouseion:20201014023423j:plainf:id:mouseion:20201014023427j:plainf:id:mouseion:20201014023431j:plainf:id:mouseion:20201014023434j:plainf:id:mouseion:20201014023438j:plainf:id:mouseion:20201014023442j:plain