mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

警視庁・捜査一課長2020 第13話 雑感 そんなハムスターと間違った位でクビとかないと思ってたけどやっぱり引っ掛けか。ベリーグッド。

ホテルの非常階段の踊り場で、IT企業の広報部長・姉崎育代(馬渕英里何)の転落遺体が見つかった。警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、被害者はドレス姿で、胸には“起業のシンデレラ”と書かれた記章をつけていた。前夜、現場のホテルでは社長・大路白馬(村上新悟)の主催で、女性社員を対象とした“起業プレゼン大会”――その名も“起業のシンデレラ”が開かれており、殺された育代が優勝。彼女は賞金3000万円を手にしたほか、設立される新会社の社長就任が決まったという。事件が”シンデレラ”を連想させるのは、それだけではなかった。なんと階段近くの地上にハイヒールが1足、残されていたのだ。片方のかかとがマンホールのふたの穴に突き刺さっており、犯人はマンホールにハマってしまったハイヒールを脱ぎ捨てた後、階段を上って育代を突き落とし、そのまま裸足で逃げたものと思われた。

出演者:内藤剛志 斉藤由貴 本田博太郎 矢野浩二 鈴木裕樹 塙宣之(ナイツ) 床嶋佳子 金田明夫

ゲスト:馬渕英里何 村上新悟 大村彩子 小林涼子 村上新悟 菅野莉央 石井一彰

起業のシンデレラって訳ね。不審なハイヒール、パワーワードだわ。
被害者姉崎育代を知る大路社長は夜11時に外出と。秘書茄田さんの名前出てるな。リストには欠席者。空飛ぶ下駄はワラタ。
ホテル内ラウンジに二人でいた社長と秘書はアリバイ成立。
匿名の通報で謎の不審者ね。この匿名が気になるな。
その不審者が灰川由衣さんかな。本社研究部時代に美しすぎる研究者と祭り上げられた直後論文の捏造等で叩かれ出して子会社出向か。
姉崎育代が灰川の論文やプレゼンを横取りしようと目論んでたみたい。でもどうやろうね。
事件当日は下請けイジメで参加出来なかったみたいね、灰川さん。論文捏造云々も姉崎にしてやられた感じだな、可哀想。
先代社長の娘麻帆さんと残業してた事を証明出来たかもしれないと。
大福が見抜く、実は本社にいた頃より楽しそうな灰川さんの顔。
ハイヒールのサイズが合わないと知って逆に無関係じゃないと思った大福さん。
塚井麻帆は夜10時ごろにオンライン会議をしてて11時30分には静かだったから見てないと言う。
塚井社長は本社からの理不尽を耐え続けて過労死だったのね。2年前に父娘揃って彼女を歓迎してたがその大事な研究を2年かけてやったのに何故サイズの違うハイヒールを履いてきたのか。

笹川刑事部長が白馬理事官にボロカスに叩かれてる様を見て理事官の姉をユウコ・アオヤギと部下の青柳が飼ってるハムスターとアカヤギさんがごっちゃになってペットの名前にしちゃったと、なるほどそういうことか。
でビビタイム。小春さんが用意したご飯の呼び出しっていうのかな、その録音データをビビが夕飯の1時間前に再生させてしまった、そういう遊びを覚えてしまったみたい。

本当の犯行時刻は11時半よりずっと前だった。ドラレコに映ってたみたい。
姉崎から電話でハイヒールを履いて来いと言われて工場でなくホテル周辺にいた時大量のマンホールを見つけて更に彼女に罪を着せて階段の踊り場で息絶えてた姉崎を見て罠だと感じ塚井麻帆さんに電話をかけてたみたい。麻帆さんが身代わりで25センチのハイヒールでわざと引っ掛かって捜査攪乱しようとしたみたい。
犯人は茄田。姉崎にスマホで録音させておいたメッセージを流して罪を着せようとしたみたい。その様子がドラレコにまたまた。
社長が改心して謝ったね。塚井社長も浮かばれたかな。

白馬さんは笹川刑事部長をいびってただけで本気にするつもりはなかったみたい。大岩とのコンビ愛をベタ褒めしてその大岩と連れションへ。
ビビかわいいよビビ。ビビがあの例の録音機械で自分の声を録音するのにハマったみたい。

https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho2020/story/0013/img/03.jpg