mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

西村京太郎トラベルミステリー72 十津川警部のラストラン 雑感 脅迫しての殺人・自殺教唆だから普通に罪に問われない事はないよね。

「北海道・JR札沼線廃線を撤回せよ!」
殺人容疑者が銃を持って籠城!東京~北海道新十津川町…殺意の時刻表トリック!鉄道ファン必見!!十津川警部ついにラストラン!?

■番組概要
最新作となる第72弾は、北海道・新十津川町で撮影したノスタルジックな風景が旅情をかきたてるミステリー! しかも舞台となるのはこの春“ラストラン"が大きな話題となったJR札沼線と“日本一最終列車が早い駅"として鉄道ファンに親しまれてきた新十津川駅。男女3人の友情、そしてローカル線の廃止…悲しい運命がからんだ物語。

出演者:高橋英樹高田純次黒谷友香松尾諭中村俊介伊藤麻実子山村紅葉葛山信吾 ほか

脚本:深沢正樹 監督:村川透
原作:西村京太郎『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』(実業之日本社文庫)

大島教授が何者かに殺された。
犯人と目された赤池は別件で立て籠もり事件を起こしてその後真犯人とされた中園の自殺とその遺書によって彼が無罪だと判明した。
大島教授と中園は地元の資産家議員浦野と土地売買に関する契約を交わしてたんだけど、どうも何らかの事情でご破算になった。中園はそれがご破算になると損失が大きくなると大島を説得したものの受け入れられず咄嗟に脅し目的で持ってたナイフで刺し殺してしまったという。
そうして遺書をしたためて自分の会社の屋上から飛び降り自殺をした。
中村俊介の贅沢な使い捨てと松尾諭の演技が光ってたな。まあ残ってる黒谷友香以外に犯人いるんかなっていう。
で3か月前にミトコンドリア研究において大島教授と対立してたドイツのシュミット教授が解雇されたと思われてたが実は解雇でなく早瀬准教授の不正(小保方さん的な奴で)を暴いた所解雇になったという事らしい。全てのデータがデタラメだったとか。そういえば中園に対しても大島教授がでたらめだの何だの言ってたけど何かあるのかな。また赤池を襲った犯人も気になる。中園は多分誰かを庇って自殺か?
どうも早瀬准教授は大島教授を脅してたみたいね。

敏音知の崖から28年前に転落死した中園の母親の内縁の夫は実は中園を虐待してた疑惑があって中園による殺害だったのでは?と思われてたけど当時同級生の小学5年の女の子の証言によって犯行時刻のアリバイが立証されていた。その女の子こそ早瀬由美だった。早瀬は大島教授を脅して例の土地売買に関する研究施設の建て替えというか建設の主導を握ってた可能性があり、更に中園の弱みを握っていた。あの時研究施設を主導したのが大島教授と中園だったのできな臭くなってきたな。

早瀬由美は清楚なリケジョ。そう思われてたけど実際はとんでもない悪女みたいだな。
大学3回生の時に付きまとってきた男が転落事故に遭い、大島教授の元で働いていた別の准教授もまた謎の火の不始末の責任を取らされて更迭。そのいずれにも早瀬が鉄壁のアリバイがあったが。そしてその各出来事の現場には必ず中園がいた。彼は過去の殺人で早瀬に強請られていた。
赤池襲撃も早瀬の命令で中園が犯した事だったが、彼はもはや赤池を殺すなんて出来なかったから例の囲炉裏に毛布を掛けて放置。何せ親友だから。
中園の事は友達、都合の良い友達と思ってたからこそ気軽に邪魔な奴排除してと中園に教唆して殺人をやらせたわけね。中園は気が弱かったから言う事を聞かないといけなかった。いつか義父殺しがバレたらとあったから。
赤池は中園がそこまで思い詰めてた事と早瀬がとんでもないクズなのに気付いてゼロから始めるべきだって。これ罪に問われるんかな。やっぱ。赤池は立て籠もりと銃刀法だからアカンけど早瀬はどうなんだろうな。過去の事件を累積して余罪あるからな。何かしっくりこない終わり方だったけど、私たち仲間よね?という半分脅しに見えたものは共依存関係にあったからでもあるんだな。早瀬だけが三人の友情を固く誓ってて守ってたつもりだったけど少なくとも中園はそうは思ってなかったみたいだな。麒麟児のように謳われせっかく化学関係の社長にまでなったのに過去の出来事でずっと苦しんでいたのを考慮するとずっ友も男女の友情も成立しねえな。マジで。早瀬が赤池のプロポーズ断ったのも中園と共依存関係にあったのは確かだけどこれまでの自分の不始末の後始末をやらせてた事がバレるのを恐れてたんかもしれんな。一緒になってしまったら絶対バレるし。決して赤池がブサイクだったからじゃない事はラストを見たら分かる。