mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ドラマスペシャル「記憶捜査~新宿東署事件ファイル」 2020年7月27日放送 雑感 普通に名作だった。凛美って役者の子雰囲気あって凄い良かった。

北大路欣也主演の本格推理ドラマが帰ってきた!過去の街並みを完璧に記憶する刑事・鬼塚VS令和の女殺人鬼!昭和~令和と3時代をまたぐ不可解な毒殺事件を華麗に解決する!

ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。鬼塚は記憶を遡り、毒物が保管されている『新宿マキタ製鋼』に遠山咲(上白石萌音)を向かわせる。保管されていたはずの毒物はなくなっており、疑いの目は妻の蒔田紀子(大塚寧々)に向けられる。令和の女殺人鬼を相手に、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器に、難事件を解決に導いていく。

【監督】塚本連平 【脚本】櫻井武晴 【制作】ホリプロ
鬼塚一路 … 北大路欣也 神啓太郎 … 風間俊介 遠山咲 … 上白石萌音 山崎清内田朝陽 本多太一 … 松本大志
橘修平 … 深澤辰哉 蒔田紀子 … 大塚寧々 栗田史郎 … 石黒賢 木地本淳子 … 余貴美子 伊藤正 … 神保悟志
伊藤恵櫻井淳子 大橋幹 … 谷本貴彦 郡司敏則 … 佐藤孝之 蒔田雄三 … 伊藤正之 蒔田優子 … 凛美 ほか

ほかのみなさん
川田しのぶ 真木恵未 中原和宏 MC … 酒井貴浩 刑事 … 松原正


林眞須美死刑囚の和歌山毒カレー事件がモチーフになってるんだろうな。
殺された被害者二名の内一人伊藤正さんは結婚詐欺師の女性の夫だったが今回容疑者に挙がった女性の内縁の夫でもあった。更に鮭入りのかす汁を食べた時、実は魚が苦手だった。おそらくアレルギー。
蒔田紀子にも伊藤恵にも渡した指輪は実は大量生産の模造品だった。つまり伊藤正は詐欺師だった?
案の定詐欺師だった。ただ凶器の保管庫の鍵に付着した唾液と伊藤恵さんの飼い犬の唾液が一致。更に手袋か。
そして犯人は蒔田紀子。
伊藤正は実はかす汁を食べてなかった。魚が嫌いだったのとまだ手付かずだったので鍋に戻した。元々個人的怨恨で伊藤正さんを殺害しようとしたが、それが鍋に戻された事で集団中毒死する事になった、無差別殺人になってしまったと。
その動機はかつて伊藤正に結婚詐欺で金を巻き上げられたからだったんだろうと。被害届を出した時に彼の写真が一緒に添付されてたようだ。
犬の唾液は別の男が細工と。蒔田紀子の現在の夫蒔田雄三だった。
罪を紀子さんから恵さんに擦り付けるためだった。
実は紀子さんは2年前に結婚詐欺に遭った。伊藤正さんは彼女から親の遺産を全部踏んだ食って姿を消したという事で相当恨んでいた。個人的怨恨というはっきりした動機があったが。

伊藤正を殺害した真犯人は蒔田の娘優子だった。実は伊藤正は母娘に気付いていた。実は無差別殺人は娘による犯行だった。更に伊藤正は娘を見て自らかす汁を食べて死亡。
やっぱ林眞須美の事件のオマージュだったんかな。ある時楽しそうに娘と伊藤恵さんと歩いていた伊藤正さんを見かけて義理の娘より実の娘の方が良いんだと疎外感を抱いていたのね。
咲ちゃんが来た時に娘が現場近くにいた事を思い出して今まで娘を守ろうとしてわざと自分に疑いが掛かるように仕向けてたみたい。
そして手袋の繊維が食器に付着してたんかな。その繊維痕も証拠に。結構辛いな。旦那さんは奥さん愛してたから証拠を偽装し、その偽装を娘を守るために蒔田紀子さんが利用した。愛されてたって事なんだろうけど、報われねえわ。
伊藤正さんの辞世の句は幸せそうな家族を見て後悔したんだろうか。だから悪人は一生~っていう辞世の句の後、娘が入れた毒入りかす汁を一旦は元に戻したけどその後集団中毒に陥ったのを見て自分の義理の娘が自分が裏切った家族による犯行だと分かったから、娘の期待みたいなものを確かめようとしたのかな、それで魚嫌いだし毒入りなのも分かった上であえて食べたんだろうな。うわーこれきっついわ。元々殺しの動機は彼女が疎外感を受けてた事によるものだからなあ。これどうなんだろうな。何かこう居た堪れない。

https://pbs.twimg.com/media/EdLElwIUEAAtemc.jpg

凛美ちゃんって子13歳?凄いな、綺麗な子だったし演技も良かったわ。黒沢清作品とかに出てそうな雰囲気のある子だったね。まあ周りが実力派の役者だらけだったのも大きいのかもね。神保さんとか大塚さんとか。