mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』 第20話 雑感 この間までプーさんプーさんと黄色い声挙げてた人と同一人物とは思えんやろ?この人ジャニーズなんだぜ。ジャニなのに上手い役者なんだよな。

f:id:mouseion:20200531204952j:plainf:id:mouseion:20200531204956j:plainf:id:mouseion:20200531205000j:plainf:id:mouseion:20200531205004j:plainf:id:mouseion:20200531205009j:plainf:id:mouseion:20200531205014j:plainf:id:mouseion:20200531205018j:plainf:id:mouseion:20200531205021j:plainf:id:mouseion:20200531205024j:plainf:id:mouseion:20200531205028j:plainf:id:mouseion:20200531205033j:plainf:id:mouseion:20200531205037j:plainf:id:mouseion:20200531205042j:plainf:id:mouseion:20200531205046j:plainf:id:mouseion:20200531205051j:plainf:id:mouseion:20200531205054j:plainf:id:mouseion:20200531205059j:plainf:id:mouseion:20200531205104j:plainf:id:mouseion:20200531205107j:plainf:id:mouseion:20200531205111j:plainf:id:mouseion:20200531205114j:plain

今回は東庵先生大活躍の回、と思ってたら帰蝶さんがまたまた謀計を図る。
今川の先鋒元信こと元康こと竹千代(AIBOとか金八先生とかでお馴染み風間俊介)の母と叔父が熱田神宮に来るという事でその文を何者か信頼できるものから受け取った帰蝶さんが鬼気迫る信長にまたまた策を授ける。
十兵衛は信長が今川家と大変な事になっているというのに朝倉義景が蹴鞠で何も講じてくれない事を嘆いて尾張に単身行くぞとなったと。
桶狭間前後。バケモノ軍師太原雪斎は既に亡く、残ってるのは主だった猛将ばかりの今川軍。
でも桶狭間の殆どの武将が戦死したり捕虜になったりで更に義元が死んだことで武田信玄に攻め込まれたり三河武士でお馴染み松平元康が独立したりと今川家が残念な目に遭う、その日までなろうとかイフ小説でも待ちましょうってなるんだよな。
信長の文を得た元康は叔父水野の忍である春次(菊丸)から元康の母からの書状を受け取り母の苦しみ、三河武士の悲しみを聞いた元康が桶狭間の直前に離脱する伏線。
風間俊介の元康の演技と岡村さんの春次の演技、良かったな。次回で一区切り付くな。確か来週で一旦今年の前半までの撮影分が終了して一旦休止になるので後半はちょっと削るみたいだけど、岡村さんの例の発言や駒パートの不評があって恐らくドラマオリジナルキャラクターの出演シーンがばっさり切られるんじゃないかなとは言われてるけど、それにしても切られてないのにも関わらず今週は蹴鞠なんか!とか左馬之助!!とか叫んでた十兵衛さん殆ど出番なかったな。儒教を子供たちに寺小屋みたいな所で授業をしていた場面はちょっと気になったけど、あれで以て明智光秀は教養人なりという話があったけど、帰蝶に策を授けた人って十兵衛だよね。違ったかな。まあそこから三河武士の今川家からの切り離しに話がスムーズに行ったから面白いとは思った。

次回、桶狭間にて今川義元討ち死に也!とナレ死。城之内、死す位ひでえネタバレ予告だった。