mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

警視庁・捜査一課長2020 第6話 雑感 まれいたその演技は違和感なかったけど蓋開けてみたら笹川刑事部長の登場シーンが迫真の演技で笑ってた。

都内のキャンプ場で、スーツ姿の男性の遺体が発見された。
大岩一課長(内藤剛志)が臨場したところ、遺体の胸ポケットから水滴のついた水鉄砲が見つかった。キャンプ場で働く・大田里香(内田真礼)によると、被害者は前日に宿泊を断られていたという…。そんな中、大岩たちは殉職した巡査の妻・熊木貴代(釈由美子)と遭遇。真琴(斉藤由貴)は彼女が何かを隠していると直感し、すぐ隣にテントを張り始め…!?

内藤剛志斉藤由貴本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹塙宣之(ナイツ)、床嶋佳子金田明夫
ゲスト 釈由美子内田真礼、比留間由哲

殉職した熊木警部補が何故凶悪犯に拳銃を撃たなかったか、その真相が明らかに。
まれいたそ多分冒頭に出てたキャンプ場のスタッフさんかな。いやもう釈由美子孕ませた夫がクソ羨ましくてそっちばっか見てたわ、そういえばまれいたそここしかいないよなあって。
で熊木警部補が刺殺された時、今回殺された被害者

犯人は被害者日比野の同僚草村愛花だった。城南島キャンプにも度々参加してたみたい。
殺害現場は被害者が身に着けてた四種類の香水痕があったもの、これが彼女のオフィスにあった。
実は日比野の監視役をやらされていた彼女が日比野を隠し撮りしてた事実に気が付いてその後キャンプ場で貰った水鉄砲から思い直して会社辞めて自首しようとしたみたい。でその告白を聞いた草村が激高、八つ当たりのように彼をしばいて殺害。で遺体を城南島に遺棄した、と。熊木警部補が関わった事件も無事解決。結局写真には人質が映ってたとかそういうのもなく、森野が熊木警部補の奥さんに色目使った動機が彼の遺産だったとか訳分からん事から犯行を自供したって聞いてたのに終わってみれば結局草村の単独犯だったのかっていうマジで意味不明な脚本だったわ。何でもローラー作戦すりゃいいってもんじゃないぞ。笹川刑事部長のくだりとビビが大岩のシャツじゃないと落ち着かないって所はほっこりしたけどさ、それならそれだけやれよ毎回!

f:id:mouseion:20200514210600j:plainf:id:mouseion:20200514210603j:plainf:id:mouseion:20200514210608j:plainf:id:mouseion:20200514210611j:plainf:id:mouseion:20200514210615j:plainf:id:mouseion:20200514210620j:plainf:id:mouseion:20200514210915j:plain