mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 第1話 雑感 凄い、コミカライズ版に負けない面白さがあった。

f:id:mouseion:20200405040601j:plainf:id:mouseion:20200405040604j:plainf:id:mouseion:20200405040607j:plainf:id:mouseion:20200405040611j:plainf:id:mouseion:20200405040615j:plainf:id:mouseion:20200405040618j:plainf:id:mouseion:20200405040621j:plain


原作なろうは最後らへんまで読んだし(魔法省編以降は未読)コミカライズの一度掲載されて後に第二部やるぞって事で白紙に戻された第一部のラスト(一瞬だけ掲載されてたんだよな)も既読。基本的にはアニメスルーで良いかなと思ったけど思ってたより出来が良かった。
普通は転スラとかありふれとか本好きとかを見れば分かるようにコミカライズよりおもんない事が多いなろうアニメ。野猿もといはめふらはどうやらコミカライズ位は面白かった。
しかし木登り得意だから野猿の称号を与えられたって嬉しがってるけどこの時点で頭おかしかったんだな、カタリナ様。
ジオルドやキースに出会って最初は破滅フラグを回避しなきゃだったのが段々乙女ゲーの悪役令嬢だったことも忘れて学園に入って知らず知らずのうちに男のハーレムどころか百合ハーまで達成してしまう逆ハー主人公なのだ。公爵令嬢の嗜みみたいに領地経営に乗り出すのも面白いけど折角乙女ゲーの世界に紛れ込んだのだから恋愛パートを楽しめば良いのにどこがどうなのか分からないけど野猿の中にフラグというものはなくて転生前の性格がそのまま作品世界に現れるので結果悪役令嬢でバッドエンドを迎える事もなく闇属性のアイツに陥れられる位しか基本的にバッドはない野猿カタリナさんの冒険が今始まるのだ。