mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』 第11話 雑感 ノブヤボで見たようなイベントが続くなあ。

f:id:mouseion:20200329205145j:plainf:id:mouseion:20200329205150j:plainf:id:mouseion:20200329205155j:plainf:id:mouseion:20200329205158j:plainf:id:mouseion:20200329205201j:plainf:id:mouseion:20200329205205j:plainf:id:mouseion:20200329205209j:plainf:id:mouseion:20200329205213j:plainf:id:mouseion:20200329205218j:plainf:id:mouseion:20200329205221j:plainf:id:mouseion:20200329205225j:plainf:id:mouseion:20200329205229j:plainf:id:mouseion:20200329205235j:plainf:id:mouseion:20200329205238j:plainf:id:mouseion:20200329205241j:plainf:id:mouseion:20200329205246j:plainf:id:mouseion:20200329205251j:plainf:id:mouseion:20200329205256j:plainf:id:mouseion:20200329205302j:plainf:id:mouseion:20200329205305j:plainf:id:mouseion:20200329205310j:plainf:id:mouseion:20200329205314j:plainf:id:mouseion:20200329205318j:plainf:id:mouseion:20200329205322j:plainf:id:mouseion:20200329205326j:plainf:id:mouseion:20200329205329j:plainf:id:mouseion:20200329205335j:plainf:id:mouseion:20200329205339j:plain


将軍家がちょうど細川晴元に反旗を翻した三好長慶の叛乱によって壊滅的な打撃を受けて近江に逃げてた頃か。なろうの「淡海乃海 水面が揺れる時」を思い出すな。朽木家に身を寄せるんだよな、義輝。
光秀は織田と今川の戦争を止めるべく利政に直訴したけど吝嗇つまりケチで一銭も出さないと知って使い物にならないと今度は義龍に願って守護の土岐頼芸に頼んで将軍足利家に取り成して貰おうとしてた所だったが目下都落ちしてた頃でまたまたタイミングが悪かった。刈谷城にて奮戦する水野は、あの岡村さんが忍者で仕えてる所の武将だったと思うが持って3か月とすれば結構きついよな。
でこの義輝は良い人だな。麒麟が遠のいたみたいな事言ってたけど戦乱が続いて将軍家が傾いてるのがね。織田は足利家に臣従してる訳じゃないから本当なら協力の必要がないんだけど今川義元は忠義の士という事みたいだから義輝の言う事を聞くみたい。雪斎が何か言いそうだけど、でもこの和議が成ったからこそ後の桶狭間に行くんだろうが。その前に武田と北条と同盟結んで後顧の憂いを断って改めて織田に進軍する流れになるのと後は織田信秀の死だよな。これでうつけと呼ばれた信長が一応頭首になるんだけどその間に弟と血みどろの争いをすることになる。尾張統一へ。それにしても信秀の時は徹底的に援軍送らんとか金出さんとか言っておいて信長が立った途端掌返すのって斎藤道三もせっかちというか現金というか。義龍が今回の一件で土岐陣営に強く結びついた事から危機感を覚えたのかもしれんな。一回この騒動前後に廃嫡するしな。

次回、駒パートやっぱりいらなくね?