mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

虚構推理 第10話 雑感 鋼人七瀬の水掛け論まだ続けるんか。もうええやろ、いい加減飽きてきた。

f:id:mouseion:20200315035819j:plainf:id:mouseion:20200315035822g:plainf:id:mouseion:20200315035826j:plainf:id:mouseion:20200315035829j:plainf:id:mouseion:20200315035831j:plainf:id:mouseion:20200315035836j:plainf:id:mouseion:20200315035838j:plainf:id:mouseion:20200315035841j:plain

亡霊となった七瀬かりんは何故そうなったのかについて解き明かすべきだっていう。
父親殺しを最初に告発したのは誰か、父親なのだっていう。文章に残して死後に発見されるのは都合が良すぎないかって話を持ち出すおひいさま格好いい。
父親はかりんの仕事を当てにして仕事を辞めてたそうで娘の派手な活躍で逆恨みしてたという筋書き。ホントエネ親だな。サイコミのヒナって漫画でも同じような話があってな。
姉もまた疑わしい行動を起こしていたので変に勘繰られる事になったと。歯型とか色んな要素を別人にすり替える事が出来るとやれば良いんだろと。
人気アイドルになろうとしてた小賢しい妹が死ぬ訳ないと。
父親の手記を公開したのは姉だったと予想。これまた妹にコンプレックスを持っていたと。姉ちゃん完全に精神疾患起こしたんやな。手記の公開でささやかな復讐をしたつもりがそのせいで妹が自殺した。だからホントは生きてるんだと信じて鬱になる。姉ちゃんやその彼氏は犯人でなくかりんや姉ちゃんのストーカーだったという説をでっち上げるおひいさま。
死に戻りを繰り返す六花さんの未来予知からおひいさま、またまた窮地に陥る。何か出まかせに出まかせを上乗せたみたいな話になってきたな。