mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』 第8話 雑感 信長暗愚説や斎藤義龍=土岐頼芸実子説を採用しちゃうのは斬新というべきか。

f:id:mouseion:20200308205546j:plainf:id:mouseion:20200308205551j:plainf:id:mouseion:20200308205554j:plainf:id:mouseion:20200308205558j:plainf:id:mouseion:20200308205602j:plainf:id:mouseion:20200308205753j:plainf:id:mouseion:20200308205757j:plainf:id:mouseion:20200308205816j:plainf:id:mouseion:20200308205838j:plainf:id:mouseion:20200308205842j:plainf:id:mouseion:20200308205922j:plainf:id:mouseion:20200308205925j:plainf:id:mouseion:20200308205929j:plainf:id:mouseion:20200308205933j:plainf:id:mouseion:20200308205938j:plainf:id:mouseion:20200308210053j:plainf:id:mouseion:20200308210056j:plainf:id:mouseion:20200308210100j:plainf:id:mouseion:20200308210105j:plainf:id:mouseion:20200308210110j:plain

対信秀同盟の質として帰蝶のその嫡男信長への輿入れ。
本当は十兵衛も利政も辛かった、マジで?斎藤道三そんな奴ちゃうやろ。
とはいえ土岐頼芸の実子だと思い込んでる長男義龍からすれば、道三のやり口は主君への反逆。そして尾張は信秀ないし信長の所領ではないと言う話で、義龍もとい高政の母親深芳野がちょっと頭おかしい感じなんだよな。
一方松平家も窮地に陥る。後に家康となる竹千代が今川義元の人質になって、そこでは太原雪斎という魔術師に教えを乞うたことで偉材となるが、その原因となる父広忠が病死あるいは近臣によって暗殺される事件が起きて結果三河の所領を義元に奪われる事件が発生するんだけど、皮肉にもこれが義元最盛期の出来事でこの後桶狭間で死ぬから何とも言えない。現に桶狭間以降成人した竹千代ないし元康が独立して三河を奪い返す、だったと思う。それも太原雪斎の知恵袋を入手した状態でだからチート大名になる。
次回、岡村隆史はやっぱり本多忠勝とか石川数正辺りなのかな?オリジナルと聞いてるけど何か色々胡散臭いし。