mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season19 第32話 雑感 脅迫者を殺害しても殺害者が善良な市民(非上級国民)であれば正当防衛にするべきだよな。

#32 「マリコのネイルサロン」
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】佐藤江梨子藤田弓子広岡由里子、佐藤乃莉、植木祥平、朝井千景、島居香奈、木村湖音、田辺ひと心 ほか
【脚本】森山あけみ【監督】濱 龍也

容疑者はネイルサロン経営の佐和さんとその客佳乃さんの二人。二人とも傷害の前歴があるみたいで被害者にそれで脅迫されてたそう。
付け爪の皮膚片から真木英子が真犯人だった。凶器のナイフを後生大事に持ってるのもアレだな。
被害者とは更生施設からの仲間。昔産んだ子供に会いに行ったら被害者樹里に撮影されててそれが原因で脅されたのが佳乃さんだった。
つか樹里さんは真木英子の事慕ってたのか?殺された被害者には申し訳ないけど死んでくれて良かったわ。クズは一生クズ。更生したらまあいいけど、例えばイジメやったら更生せんからな、絶対に。宇梶さんみたいに元暴走族とかだったらまた違うんだけどね。
佐和さんは最終的にちょっと証拠隠滅罪に問われる程度でそれが佳乃さんを庇うためだった、シングルマザーで常にあかぎれだらけの死んだ母親に似てたという理由でだったけど、二人は血の繋がらないながらも親子のような関係だったね。ちなみに佳乃さんの娘は真木英子の実娘だったけど捨てられて逆に当時生きてた旦那さんと一緒に養子縁組したのが娘さんだったみたいで、赤いあざも当時はコンプレックスだったそうだけどハートマークで可愛いと褒められて今は克服してずっと感謝してるみたい。この様子だと義理の母ってのも分かってそうだな。