mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season19 第31話 雑感 子の心親、知らずみたいな話。

川べりで身元不明男性の刺殺体が見つかった。臨場した榊マリコ沢口靖子)らはポケットから大量の10円硬貨を発見する。
遺体の発見現場には、被害者の指紋が付着した“紫色の手ぬぐい”と、「事件現場」と書かれた“地図”が残されており、犯人による警察への挑戦とも考えられた。
遺体の身元は、19年前に失踪した草木染めの染色家・後藤秀春(春田純一)と分かり、半年ほど前から公園で寝起きしていたことも判明。
ホームレス仲間に聞き取りを行う土門薫(内藤剛志)と蒲原勇樹(石井一彰)。そんな中、ニーチェ(越村友一)と呼ばれる哲学者然としたホームレスが、独自に捜査をすると土門らに宣言して…!?

ゲスト:赤楚衛二東ちづる堀内正美、春田純一、越村友一

後藤の事件で川上はかつて後藤と落ち葉でピンクの草木染めをしてもらう約束をしていてあの現場にいたそうな。
犯人の一人は今村だった。川上社長の脱税を隠蔽するために後藤と共謀して息子を誘拐して身代金をせしめていたが、殺人には加担してなかった。
19年前の事件に対して後藤が懺悔の気持ちで川上の息子さんとの約束を今頃守ろうとしたっぽい?それで川上は殺害した。よくわからん。
証拠は川上社長が履いていた衣服がカグヤマ繊維で製造された特殊な草木染めという職人芸で作られたものだったため品種自体が極めて稀だったみたい。
息子さんは多分気付いてたんかな。それで草木染めを通して川上社長に思い出して欲しかったとかその辺?ちょっとあんまりちゃんと見てなかったわ。