mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ペットボトル飲料は何故新発売から半年以内にワゴン行きになるのか。

いつものようにおいでや!とバンシュウの低価格帯(30~100円)でジュースが売られてるワゴン自販機(仮)でお茶とかカルピスのパチモンとかコーヒーとか買ってるけど、基本的に売れ残る奴はそれ相応の理由があるのは分かる。例えばコーヒーなら微糖。缶コーヒーとかペットボトルコーヒーないし缶ボトルコーヒーの微糖は一貫して人工甘味料が入ってる。普通にモロこれ。たまーにUCCミルクコーヒーとかドトールのカフェオレとかもあるんだけど、そいつらも入ってる事があったり、UCCミルクコーヒーって実は缶のデザインが毎年か数年に1回変わってるんだけど、その際に原材料も変えてるのかな。少なくともワゴン自販機で売られてるUCCミルクコーヒーは全然甘くない。賞味期限が大体1,2か月前だからかもしれないけど、それにしたっておかしいだろと思ってたまに駅のコンビニで買うんだけど全然甘さが違うんだよね。基本的にワゴン自販機の奴は甘さが微妙で妙に生温い感じがある。あったかいはずなのに、コンビニの方が冷たくても美味しいのよね。それは経年劣化とかそういうアレなのかな?って思う。

コーヒーの微糖もすこぶる評判が悪いんだろうなというのは確実にドトールの微糖が売られてる。で売れてない。たまにタリーズも売ってるんだけど秋冬には必ずと言っていいほどコールドブリューが大量に売られててあんまり売れてないのかな?という印象がある。コールドブリューは無糖も売ってるけど大体ちょっと甘味料が入った微糖タイプが多い。ただこれが不味い。多分その辺が理由かな。ドトールの微糖はカフェオレと違って牛乳感が薄いのもあってあったかいタイプでも不味い。不味いしまず人工甘味料が後を引いて不味い上にケミカルな後味が付いている。多分その辺がワゴン行きの理由なのかな。

で同じように人工甘味料が入ったペットボトル飲料も滅茶苦茶多い。
例えばポンジュースの売れ残る奴は大体炭酸系か人工甘味料入り。最近のポンジュースは同じものを二回抽出することで30%でも濃厚な味わいになってるという触れ込みでそれなりに評判だけど、ワゴン行きになってるのを見ると人工甘味料が入っててミカンが如何に濃厚な味わいでもケミカルな味わいが邪魔して酸っぱいだけって感じがあるんよね。

また人工甘味料の他にぶどう糖果糖液糖が滅茶苦茶入ってるのもある。炭酸系に多いかな。
結構知らんメーカーばっかだけど、大抵アサヒ飲料かポッカサッポロか伊藤園なのよね。美味しくない。キリンはね、炭酸のゼロ系が多いんだけどゼロ系が売れ残ってるのって理由がバレバレで要するにゼロっていうほど受け入れられてないんだよね。ダイエット用とかいうんだけど、近年はゼロコーラとかの影響で逆に太る人が増加傾向にあるとニュースがあった。それにゼロ系は大量の人工甘味料が入ってて後味がスッキリしない事が多い。だからかな、去年のコカコーラのゼロ系は全然売れなかったと産業新聞だったかな?書いてたね。

で本題だけど、今回何でこれ書こうと思ったのかというと、アサヒ飲料ね。
カルピスの会社でしょ、今。でワゴン自販機でも筆頭レベルで春夏秋冬問わず必ずお茶と一緒に売られてるんだけど、これがまた不味い不味い。濃いめのカルピスは良いよ、特にはちみつ入りとか自販機限定のリンゴとかミカンとか入ってる奴は。そうじゃなくてそれ以外にも結構売られてて塩カルピスとかアミノ酸配合ダイエットカルピスとか売ってるんだけど、薄味。それでいて全然甘くない。濃くもない。甘さや濃さで人気のカルピスがその真逆を行く内容のカルピスを販売してるという事実に気付かされて驚愕する。あんなの売れるのか?って。そもそもカルピスって名乗ってるのにアサヒ飲料からかな?露骨に人工甘味料が入ってるのが大半なんだよね。一瞬カルピスソーダクラシックみたいなのを売ってたんだけどこれが滅茶苦茶美味かった。なのに採算が合わんかったのだろうか、もう限定販売で売られてなくて今は人工甘味料が入ってる奴なんだよね。たまにこういう一流のペットボトル飲料がワゴン自販機に入る事があって、伊藤園ティーティーとかキリンの午後ティーとかたまにあるんだけどそれらは100円でも皆買うからすぐ売り切れる。でもカルピスソーダは60円位まで値下げされないと完売しない。皆100円で買う価値がないと思ってるのよね。だから60円になって初めてその価値が認められるというのが現在のカルピスソーダの評価と考えるとちょっと勿体ないよなと。ワゴン自販機を眺めてたらそういう感想が浮かんだ。

で今アサヒ飲料ドデカミンで去年の9月に売られてた新発売の140円の奴が今60円でワゴン自販機で売られてるんだけど、9月発売って↓これね。
www.ssnp.co.jp

何が言いたいのかというと何で売れない商品を開発しちゃうんだろうなって。
サントリーだっけ?ペプシもシソ味とか生ごみみたいな商品を開発して売ってはワゴン行きしてたけど、ああいう未知の開拓みたいな?あれを商品化した人って頭おかしいのかなって思うのよね。アサヒ飲料に話戻すけどこのドデカミンも普通の奴は美味しいよ。でもね、なんちゃらフレーバーとか香辛料が入ってる奴は大体当たらない売れないが鉄則でそれは前述したペプシコーラを見れば明らかなんだけど何故か挑戦したくなるんだろうかね。
とりあえず僕が言いたいのはゴミを開発するな、売るなという話なんだけど、それでも売られてしまったからには一回は購入するのよ。
でもやっぱり60円で売られてるという事は140円では買わないという事なのね。
皆定価は高いと思ってるのよね。

でペットボトル飲料で最近滅茶苦茶売れてますよ!!って触れ込みのサントリーボスのペットボトルコーヒーね、あれ流石にワゴン自販機には一回も来なかったけど当たり前だけどあのデザインと横幅の大きい奴は置かれないのよ、そもそも。なので大体ワケあり小売店みたいな所で段ボールいっぱいに置かれてる事が多いのよね。つまり売れてます!←あれ大体嘘なんだよ。売れてるなら何でワゴンコーナーに激安で置かれてるんだって話ですよ。この前業務スーパーだったか、39円で売られてたぞ。ほうじ茶ラテとかブラウンタイプとか。要はアレ僕もたまーに見かけて安さに騙されて飲むんだけどまあ薄いのよ。薄いのを美味しいと感じさせようとする腹積もりなのかな。
何かグリコのドロリッチとか明治のおいしい牛乳みたいに女性に優しいコンパクトタイプです!と価格据え置きで分量を減らした実質値上げのあれと同じだと思う。
サントリーボスもセコいよな。あんなん売れてるってほんまかいなと。売れ残ってるのしか見た事ないぞ。紅茶もね。
そもそも美味しい紅茶って午後ティーもあるし紅茶花伝とか紅茶花伝のクラフトタイプとかリプトンの紙パックがあるんだよね。そこに新参入するのは格好いいよ。でも美味しくないのに売れてます!というのは詐欺以外の何物でもないから辞めて欲しい。

ワゴンに行くという事はそれ相応の理由がある訳ですよ。自販機に並んでないから売れてないって訳ではない。
例えばサントリーのヨーグリーナのシリーズがあるでしょ。あれでワゴンに入るのはブルーベリーと梅で自販機にはほぼ置かれた事がなくて専らワケアリ系の小売店とか業務スーパーとかドンキとかの激安店に置かれてる。個人的にはブルーベリーも梅も滅茶苦茶美味しかったから大量リピートしたけど、ああいうのが売れ残るっていうのは理由があるんだろうな。

ともかく美味しいのに売れ残る奴は大量生産してるから!しかないと思うけど不味い奴はまず人工甘味料を使うのを止めましょう。特にカルピスね。カルピスはもうそれだけで完成された味なんだよね。カルピスで売れ残る新商品は薄くて不味いか人工甘味料が入ってるかのどっちかなので原因は既に分かり切ってるのよね。経費削減して原材料を安くしようとすると却って失敗するんだよ。
アサヒ飲料はマジでカルピスを売るんならカルピスの良さを一から勉強し直して欲しい。サントリーはでっかい高いボトルコーヒー売ってるけどあれはまあまあ美味しかったよ。でもクラフトボスだっけ?あれは薄いから濃い奴作れよマジで。そうじゃないと永久にワゴンだぞ。提灯記事書かせて売れてるアピールしても半年以内に確実にワゴン行きになってるから。そういう恥ずかしい所を何で直さないんだろうな。開発して毎年のように発売するのは提携企業とか銀行とかへのアピールだと思うけどさ、もっとまともに作れよマジで期待してるんだから。ワゴン自販機行きだけは防いでほしい。あそこに行ったら生ごみの扱いだから評価も。

関係ないけどガラナフレーバー、悪くなかったよ。でも二度と買わない。