mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 第142話 雑感 金さえ払えば何でも教えてくれる看守さん、ケツを向ければ何でもボロを出してくれる看守長、全てがガバガバな刑務所だなぁ。

f:id:mouseion:20200202190618j:plainf:id:mouseion:20200202190628j:plainf:id:mouseion:20200202190636j:plainf:id:mouseion:20200209173333j:plain

やっぱワクワクするストーリーじゃないと話がただ長いだけって印象しかないな。
過去にタイムスリップするのは多少なりともワクワクしたし久し振りに自来也に会えてハッピーだったけど今回はブラッドプリズン的な展開でもなさげであんまり面白そうに思えないのが今回なんだよね。
ベンガさんは知らんのか、コクリさん監視の案件。あるいはコクリの事情に気付いてる?あと何、何か病気なのか無常さん。お飾り呼ばわりだからベンガさんはこの監獄の王様になりたいみたいだな。でもツキヨからの殺人依頼は引き受けず偉いやんか。
ベンガの弱みを握ってコクリと同じ監房にするためにそれを知っているドラグっておっちゃんの条件を飲んで塔登りをするって話だってばさ。うん、まあまあな。
ドラグにハメられたけど忍術で何とかしたボルトが彼からもらったのはベンガの裏帳簿だった。コクリはボルトの監房に移される事に。まあベンガさんはどうなるんだろうな。
でそのベンガさんはドクターの木札が3日前に何者かに盗まれた事実を知って緊急捜索へ乗り出すと。その話を聞いたボルトとミツキは自分の監房内に犯人の存在を嗅ぎ付けるって所で〆。
コクリを狙った犯人、実はコクリでしただったら面白いってか王道ではあるが赤髪が一番怪しいよな。まあこれもありきたりだが。