mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~ 雑感 やられたらやり返す、倍返しだ!

番組内容
半沢直樹という一人のバンカーが上司に逆らい出向になる。行き先は東京セントラル証券。ある日そこで大規模なシステム入れ替えが決定する。開発を任されたのは、新進気鋭のIT会社・スパイラルだった。チームリーダーとなったプログラマー高坂圭(吉沢亮)はセントラル証券の新入社員・浜村瞳(今田美桜)らとともに開発に没頭していく。しかし、このシステム入れ替えには、半沢直樹をも巻き込んだある重大な陰謀があり…

出演者
吉沢亮今田美桜吉沢悠井上芳雄栗原英雄、玉置玲央、吹越ともみ、磯﨑義知、北村匠海尾上松也緒形直人 ほか

企画協力
池井戸潤

脚本
槌谷健 李正美 ・ 丑尾健太郎

高坂という問題のある開発エンジニアリーダーのもとでセントラル証券とスパイラルとの提携から社内データに不正にアクセスする不自然な動作に対して何某か問題が生じてるみたいで。半沢直樹は例の銀行から出向した、でその本編が始まる前後のスピンオフみたいね。そこでどうして左遷されたか、現在の動向とかが分かるかもっていう感じ。
浜村さんはネズミのキャラクターの発案者としてスパイラル社にプレゼン。相変わらずブラック環境である。
黒木亮介って昔の悪友のせいで社会人人生を滅茶苦茶にされた事もあって警察に厄介になったりなど、多分大学中退とかはそのせいだろうな。それだけの明晰な知識とか持っててこんな中途半端な人生を送ってたのかというとこの黒木って半グレから逃げるためだったか。
若本来んかったらきつかったな。浜村さんも酷い目に遭わされそうだったし。
過去に黒木のせいでフィッシング詐欺の冤罪で逮捕され不起訴だったものの、大学には速攻でバレてその後就職した会社でもバレて居辛くなり転々としたそう。半沢直樹部長は常務にたてついて、実際にはその不正を暴いた事からセントラル証券に飛ばされた。
黒木または若本が送ったフィッシング詐欺の件でスパイラル社に咎められ、若本はミスリードだと思うんだよな。そもそも自分の会社に不利益になる情報を送って告発するのも変な話だよな。であればあえて送ったかもしれんし黒木の仕業だろうな。
黒木はプログラミング素人だったか。
一方若本は浜村を疑う。何か資料持ってきた時に浜村がPC開いて何かしてた様子を目撃してたみたい。
新システムに移行するために様々な見せしめ行為が行われていたみたいね。浜村さんは旧型の方が突破しやすいだろ?と言ってた事を思い出した高坂が若本とタッグを組んで新システム移行当日にヤバイやり取りしてるな。
システム移行の手続きの際にIDとパスワードを抜き取る算段だったんだな、なるほどな。
感染源が取り寄せたデータに混入してたみたい。
そのデータをクラウドに上げた人物こそ真犯人。城崎さんと来栖さんが今回の事件の真犯人。
不正献金事件は過去のフィッシング詐欺プログラムを知らずとはいえ作らされた高坂にはお手の物、そしてこの計画を若本さんとやったという事だな。例のUSBを浜村さんが差したんだな。
浜村のPCは遠隔操作されている、だからあのUSBを差してトロイの木馬を仕掛けたと。
そのトロイは遠隔操作をしようとすると感染するようにプログラミングしてたか。浜村さんのPCを遠隔操作しようとした瞬間に城崎と来栖のLINEのやり取りまで露にしてしまってこれが決定的な証拠になったな。いや倍返し面白いな。
個人的に不動産投資して大損害、その補填の為に闇金にまで手を出した挙句今回の300億円抜き取り行為に及んだ訳だな。
最後の最後にミッチーと堺が、やっぱ半沢だよなあ。
で浜村さんが見てたPC画面、彼を引き留めた理由は実は占いのレディーKの正体が高坂だと知ったからみたいね。実は二人好き合ってるっぽいフラグを立ててスピンオフは無事終了。
次回は4月wwwww長い事で。週刊誌に出てたけどどうもキャスティングでまだ難航してるらしい。堺雅人がもっと早く続編に出るかしてたらもう少し皆のスケジュールも取れただろうにホント馬鹿よね、TBSは。

久しぶりの半沢直樹、スピンオフだけど面白かったわ。92点で。

f:id:mouseion:20200104004712j:plainf:id:mouseion:20200104004716j:plainf:id:mouseion:20200104004720j:plainf:id:mouseion:20200104004723j:plain