mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

Dr.STONE 第24話(終) 雑感 俺たたの直後2期決定。終わる気がないのは知ってたよ。

f:id:mouseion:20191214000003j:plainf:id:mouseion:20191214000006j:plainf:id:mouseion:20191214000010j:plainf:id:mouseion:20191214000014j:plainf:id:mouseion:20191214000017j:plainf:id:mouseion:20191214000020j:plainf:id:mouseion:20191214000024j:plain

リリアンの歌で千空がこれまで抱えていた石神村への引け目がなくなったと解釈するゲン、こいつマジで参謀として有能であるな。
クロムはまだルリとはお付き合いに至ってないけど時間の問題って感じ。ルリはリリアンを通して石神村の始祖について知る事が出来て感動。
実は子煩悩だったルリ・コハクの父も涙涙。しかし石神村100物語だっけ?あれからレコードを想起して墓標の中からガラス細工のレコードを見つけてくる下りは上手いよな。
稲垣理一郎という原作者に改めて尊敬の念が生まれる。むろんこのアニメの脚本もまとめ方が上手い。盛り上げ方がね。
しかしそこに至るまでの流れ、千空が大樹たちと別れてからが面白かったな。そこまでの下りは司と出会うまでが面白くて司に狙われ出して辺りからつまらなくなってという、多分司帝国の目的が科学や大人のいない世界を目指してるせいもあるんだろうな。つまり原始社会を根差す仕組みづくりをやっていく中で時代から逆行する千空に絶望感みたいなものを感じて執拗に狙うんだけどそこには新しいものを生み出すとか生み出していこうとするアイデアっていうのがないからどうしても単一的というか面白みに欠けたんだろうな。
でもこれじっと眺め続けてたらやっぱり面白いね。特になんもない、ありふれた石ころとかからサルファ剤を作る過程を丁寧に描写してて一気に科学が発展していくさまが徐々に楽しくなっていく子供が科学に触れてもっと大きなものを作りたいっていうような子供心に響く素敵なアイデア商品がどんどん画面に広がっていくみたいで僕は好きだな。
物語が上手い事進行してるよなって思わせる壮大な計画の一つだったんだろうけど、とにかく見ててワクワクするよな、このアニメは。
だから2期に期待を込めて88点。