mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」 第6話 雑感 もう誰がスパイで誰が信用できるのか分からなくなった。このミスリード合戦が話をより一層面白くさせてるな。これ脚本有能だわ。

北条百合子(名取裕子)が竹宮圭介(加藤雅也)を逮捕し、三浦亜矢(麻生祐未)の容疑は晴れ釈放された。百合子は事件の背後に如月光太郎(高橋克典)がいると睨み、竹宮にあるとんでもない取引を持ちかける。さらに横浜臨海署の管轄内では、突然胃が爆発するという連続不審死事件が起きていた。死亡した被害者たちは全員、警察に留置された人間ばかりであることから、警察内部の人間が関わっているのではと推理するが…。

【ゲスト】 長浜数子…秋本奈緒美 長浜俊雄…岩松了 谷崎良雄…東根作寿英 前原満江…中山由紀 佐藤コーチ…斉藤一平 ほか


署長まさかの如月の息子かよ。そら筒抜けだよな。
ナノテクノロジーって。如月さんハイテク過ぎるわ。長浜副総理夫人に、数子夫人が食べた小龍包の中に例のアレを仕込んでた。人権派で知られる副総理を夫人の命を人質に派閥全員である法案に賛成票を投じろと脅迫。しかもそのカプセル、米軍と共同開発ってこれアカン奴や。
そんな折芹沢警視正から盗聴からの逆探知で如月あるいは協力者の居所が分かったみたい。これになるほどと頷いてたのは多分前作で似たような手を使ってるからかな。
芹沢警視正、死んだか?爆発で血まみれだしな。一方竹宮との約束を守るべく谷崎を殺そうと思い立った北条。あーどうなんだろうな。三浦の銃つってるから三浦気絶させてそこから谷崎に直行したのかな。それにしても死んだかどうか分からんのにそれを放置してしかも副署長まで気絶させて予告でピンピンしてるの裏があるとしか思えんな。つまり副署長とはグルで芹沢警視正についても半分疑ってたんじゃなかろうかと。まあでも面白い展開。