mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

グランベルム 第13話(終) 雑感 花田ロボよ永遠なれ!

f:id:mouseion:20190927194423j:plainf:id:mouseion:20190927194429j:plainf:id:mouseion:20190927194436j:plainf:id:mouseion:20190927194441j:plainf:id:mouseion:20190927194452j:plainf:id:mouseion:20190927194456j:plainf:id:mouseion:20190927194502j:plainf:id:mouseion:20190927194508j:plainf:id:mouseion:20190927194515j:plainf:id:mouseion:20190927194520j:plain


精神分裂症すなわち統合失調症新月ちゃんのコスがえっちだったな。最後何がしたいのか分からんかった人は全体の半数はいると思う。
皆魔力を失って本来の姿を取り戻したっていう、ナガッチョは天メソで描きたかった事を花田ロボで描こうと思ってこういうオチにしたかったのかなと。
図らずもエガオノダイカやレガリア以上の虚無アニメを作り出したのはこの人の功績だと言えるし、リゼロのスタッフも少なからず本作のどうしてこうなったといえる部分を構築した一人として、まあ終わってるよね。キャリアの終了だね。
花田大先生は普通にもう二度とロボアニメに関わらん方が良いよね。そらこけから何一つ進歩して無かった事が今回で如実になった。たまにー南極ことよりもいすげえなって思うのはリアル系だったし、ノゲノラの天才監督だったのが多分一番大きいと思ってる。つまりリゼロの監督では花田先生を操縦しきれなかったんだと思う。
ゴミに点数は付けられないけど、いつも最終回になると付ける習慣なので、とりあえず。30点。作画は良かったね、作画は。それだけ。
円盤はとても売れそうにないので仕方ないかなって延期するようだし。
それにこのアニメMBSがキー局で例の疫病神にしてMBSアニメを衰退させた張本人である丸山博雄P案件なんだけどコイツのウィキペディア見たら分かると思う。どれも酷い。良いなって奴は企画でしか参加してない。つまりプロデューサーとしては無能の極み。来期はコイツともう一人の疫病神前田俊博がいるけど前田氏はまだ原作モノで実績があるから多少は目を瞑れるけど、今は主にこの二人がMBSを地に落としててホントマジで誰か左遷してくれって思ってる。来期も歌舞伎町のホモアニメやるらしいやん、どっちかが。何で売れそうにないクソアニメばかり持ってくるかな。今は本作のようにまどマギの二番煎じみたいなのは受けないってのは感覚としても致命的なんだよな。おもんないゴミをもうMBSに持ってこないでくれ。そして木曜深夜枠復活してくれ。もうそれしか名誉挽回の機会はないよ。