mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第11話 雑感 七五三。

f:id:mouseion:20190913045427j:plainf:id:mouseion:20190913045428j:plainf:id:mouseion:20190913045431j:plainf:id:mouseion:20190913045435j:plainf:id:mouseion:20190913045438j:plainf:id:mouseion:20190913045441j:plainf:id:mouseion:20190913045443j:plainf:id:mouseion:20190913045445j:plainf:id:mouseion:20190913045448j:plainf:id:mouseion:20190913045452j:plainf:id:mouseion:20190913045454j:plainf:id:mouseion:20190913045457j:plain

ラティナに異国情緒が似合う云々。
ラティナのお土産に沸く面々、ルディがラティナに淡い恋心を募らせる話からそれに全く気付く様子のないラティナが目下興味津々なのは猫とじゃれ合う事。
ジルヴェスターの紹介で猫屋敷にやってきたデイルがそこの主人が祖父母の古い知り合いで祖母さんと同じようなパイプを持って同じような商売人の姿を見せるのを見てげんなりしてる様を見ると何ともいえない気持ちになってくる。まあ何にも感慨とかないのだけれど。そもそも今回も特に必要な回でも無かった気がする。
多分いずれ親元を離れるかもしれないから淋しいなと思わせる回だったのかな。子は育つのが早いしこれは宿命で仕方ないね。