mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

刑事7人 第5シリーズ 第4話 雑感 相変わらずガバガバな名推理である。

【悪魔に憑りつかれた家族ーある死刑囚からの告白】
林道で男子高校生の遺体が発見される。事件直前、彼のSNSに「悪魔に殺される」という書き込みが。天樹(東山紀之)は一家心中の犠牲になった彼の親友家族を調べ始める。

東京郊外の林道で、胸を刃物で刺された高校生・池添俊也の遺体が見つかった。遺体のそばにあったスマートフォンを確認した専従捜査班の青山新は、被害者の俊也が『悪魔に殺されるかもしれない』と書き込んだSNSを発見する。
法医学教授・堂本俊太郎は、今回の被害者の俊也と、去年担当した事件の被害者で、両親の無理心中に巻き込まれた息子・田所信一は同じ高校の生徒だという。
“同じ高校”という共通点に引っかかった天樹悠が、無理心中事件の資料を調べたところ、信一がノートに『悪魔にとりつかれている』と書き記していたことがわかる。
また、天樹と野々村拓海は、高校で二人の担任をしていた増沢育子と俊也の両親から、二人が親友だったことや、信一が亡くなって以降、俊也がふさぎ込んでいたという話を聞く。
さらに、弁護士の木下和成のアドバイスに背中を押された両親から、心中事件が起きた夜に、信一を訪ねた俊也が田所家の方から走ってくる男を目撃していたことを告白された拓海は、俊也はその男を目撃したことが原因で殺害されたのではないかと推測する。

東山紀之田辺誠一倉科カナ白洲迅塚本高史吉田鋼太郎北大路欣也かとうかず子長谷川朝晴、芹澤興人、竹田光稀、加藤峻也、古川康ほか
http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0004/
http://www.toei.co.jp/tv/keiji7_05/index.html

野田一家と田所一家は同じ青酸カリで死亡してたと。
悪魔とは、先生?木下弁護士と田所弟が繋がってるのが判明して一気に事件動く?
野田の奥さんは木下弁護士に夫の暴力について相談してたそう。
木下弁護士は彼らの両親の相談にも乗っていたけど、どうも何かがおかしいとまたまた天樹が推理。
その後木下弁護士は服毒自殺、しかしアレルギー持ちだったのにアレルギー反応を起こす果物を摂取していた事が判明して他殺と。
真犯人は別にいる。
どうせかとうかず子やろな。担任の女先生。
死刑囚の富岡が悪魔=木下と思い込んでたけど担当は他にいたってところだな、でそのまんまかず子と。
野田の奥さん実は木下弁護士に相談する前にかず子にしてたそうだな。池沢くんや田所弟の事件も実は彼女に事前相談があったそう。
5年前にJKが木下と円光でトラブりその際そこの教員だったかず子が木下を脅迫して現在に至るそう。
一連の殺人はかず子の教え子ばかりだった、富岡もまた教え子だったとさ。動機は性悪説だった。どうでもいい。