mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 第97話 雑感 やっぱ政治家なるの辞めるわ。

f:id:mouseion:20190310175821j:plainf:id:mouseion:20190310175826j:plainf:id:mouseion:20190310175829j:plainf:id:mouseion:20190310180147j:plainf:id:mouseion:20190310175840j:plain

エンチュウさんというのは奈良家の相談役っぽいな。一族の長老なんだとか。
風影の重臣であるテマリママや火影の側近であるシカマルパパと違ってシカダイだけ云々が頭おかしすぎる。これシカクじいさんが生きてたらこんなことならなかったとも思えんな。両親ともに大名に呼ばれるくらいの要人な訳でそれで十分でもないのかと。
一族に伝わる秘伝忍術の習得のために元々母親仕込みの風遁使いだったシカダイも影の術を磨かないといけなくなり、長老からの軋轢から柵に対して不満を口にするように。
奈良一族は元来将棋も嗜むそう。あれアスマの趣味だった訳じゃないんだな。シカマルの持ち込みなんだな。それでもアスマには勝てなかった。もしかしてアスマって有能だったのか???将棋に関しては。w
2年もの間、大名の元で政治家として修業することを条件にシカマルたちに口出しするのを辞めて欲しいと直談判するシカダイ、辛いな。
一方似たような境遇から将来は技師になるかもしれないデンキは風力発電で里に電気を供給していた。こいつ見かけによらず成長幅が半端ないよな。実は有能な父親以上に有能になりかけてるデンキはボルトたちの前向きの意志が伝わって自分の望むように雷門カンパニーの社長としてやっていこうと覚悟を決めたんだな。
で冒頭で爆発事故を起こしてたけど、あれ雷門カンパニーの風力発電所内で起きた事故だったのね。で、そこで自分の道を究めるんだとシカダイは使う事を辞めた風遁術で風力発電のタービンを動かそうと尽力。結果は好転して、まだ政治家になるのは辞めると宣言。親に縛られるものかと、でも親に縛られてた事に気が付いたんだなとかなんとか。
ちゃんと親を説得して改めてエンチュウ長老も説得して全部成す事にした。苦難の道のりだけどシカダイが決めた事だから応援しないとな。